フォーム戦術

バックサイドのファーストボレーはフォアハンドを使おう

バックサイドのファーストボレー フォーム

ダブルスの試合で、バックサイド側のアプローチショットを打った後に使うショット、ファーストボレーをたくさん失敗している選手はファーストボレーを打つ瞬間の体の入り方やファーストボレーの考え方を間違えている可能性があります。

私も昔は間違えた思考でバックサイド側のファーストボレーを覚えており、試合になるとたくさん失敗していました。今回のブログではバックサイド側のファーストボレーを失敗しない方法を伝授したいと思います。

アプローチショットは回り込みフォアハンドストローク

失敗例 バックハンドストロークでアプローチショットを打たない

ファーストボレーをする時に大切なのはポジションです。ファーストボレーをすべきポジションにしっかりと辿り着く為には、アプローチショットを打つ時の身体の状態を把握しておかなれけばいけません。バックハンドストロークでアプローチをしている人はフォアハンドストロークの方が何故良いかという事を理解して下さい。

下の図を見て下さい。

バックハンドストロークでクロス方向にアプローチショットを打った場合、クロス方向に向かって体重移動をする為、背中の方向に体重移動をする事になります。そうするとボールを打ちたい方向に力が加わるのではなく、赤い矢印のように真横に力が働きます。

ショットを打ちたい方向に体重移動をしたいのに、打ちたい方向とは違う真横の方向に体重移動をしてしまう為、身体のバランスを崩しやすいのです。

体幹トレーニングをしていて、しっかりとした身体の軸を持っている選手なら、最初は筋力によってボディバランスも安定していると思いますが、テニスは長期戦のスポーツです。時間が経ち、疲れが溜まると身体の軸も崩れてしまい、バックハンドでボールを打つ時に真横に体重がかかってしまう事でしょう。

成功例 フォアハンドストロークを使ってボディバランスを安定させよう

アプローチショットを打った後に安定したボディバランスで、ファーストボレーに入る方法は回り込みフォアハンドストロークをアプローチショットに使う事です。先程と同じように図で見てみましょう。

回り込みフォアハンドストロークをアプローチショットとして使うと、打った時の体重移動が打ちたい方向になります。バックハンドストロークの時は背中に体重がかかってしまう為、ショットとは違う方向に体重移動をしてしまう体重のかかり方でしたが、回り込みフォアハンドストロークは打つ方向に向かって前進する体重のかかり方になります。

打つ方向に向かって前進する体重のかかり方になるという事は、身体をしっかりと閉じた状態でショットを打ち終わるので、ショットを打った際に身体を開いてしまう事が少ない為、ボディバランスを崩す事が少ないでしょう。

ボディバランスを崩す時があるとするならば、打つ時に身体を回し過ぎてしまって、ボディバランスを崩してしまう事です。いわゆる、身体を開いて打つという動作の事です。

体重移動とは歩行をする時と同じ動作になりますので、ショットを打ち終わった時、必ず後ろの足が自然と前に出て来なければいけません。フォアハンドストロークでアプローチショットを行うと、打つ方向に体重をかけているため、移動を行う為の次の足が自然と出てきます。つまり次の移動する動作に結びついている為、行動のスピードが早いのです。

メリットばかりなので回り込みフォアハンドストロークを使って、ボレーに辿り着いてください。

ファーストボレーはフォアハンドボレーを使おう

体重移動を意識しよう

ファーストボレーの位置に辿り着いた時に、バックサイド側のファーストボレーをバックハンドでボレーをしてしまう人はショットを打つ際にボディバランスを崩しやすいです。

身体の軸の話になるので、アプローチショットの時に説明した事と全く同じになりますが、体重移動の時に体重のかかる方向がフォアハンドボレーとバックハンドボレーでは違いがあるのです。

ファーストボレーを打つ時は、打つ方向と同じ方向に体重をかける事が大切です。バックサイド側でバックハンドのファーストボレーをクロス方向に打った場合、背中に体重が掛かる為、打つ方向とは違う真横に体重がかかってしまいます。打つ方向とは違う方向に体重がかかるとボディバランスが崩れてしまい、身体を使ってボールを打ちたいのに手打ちでボールを打ってしまう為、安定したショットが打てません。

更に進行方向とは違う方向に体重をかけてしまっているので、次の足が出にくい状態でボレーをする事になります。つまり次の構えが遅くなってしまうので、次のショットへの動作が遅くなるでしょう。

ファーストボレーでフォアハンドボレーを使用した場合、身体を打つ方向にしっかりと固定した状態でファーストボレーを打つ為、体重移動が打ちたい方向にスムーズに出来ます。打ちたい方向に体重移動をしている為、手打ちにならず身体を使って打つ事になるので、軸は崩れる事なく安定した状態で打てるのと、進行方向に体重をかけているので、打った後の後ろ足が歩行をしている時のようにスムーズに出てきます。次の移動も素早く行えるでしょう。

バックハンドボレーが不安定な理由

ファーストボレーがフォアハンドボレーかバックハンドボレーかで、コースの狙いやすさが変わってきます。バックハンドボレーでファーストボレーをすると不安定なショットになってしまう理由があるのです。

バックハンドボレーは背中の方向に体重をかけてボレーをする事になります。ボレーをする時に、ボディバランスを崩した状態でボレーをするという事です。

バックハンドでクロスにファーストボレーを打つ時は、ボレーを打つ瞬間にクロス方向に体重を乗せ過ぎてしまって、普段以上の力がボールに加わり、クロス方向にボレーを引っ張り過ぎてアウトしてしまったり、ストレートを狙う時は体重をかける方向とは違う方向にボールをコントロールする為、ラケットの面だけを向けてコントロールしなければいけません。ラケットコントロールのプレー、つまり手打ちになってしまうのです。相手からの返球のボールスピードが速ければ速いほど、ラケットが弾かれてしまう為コントロールが難しくなるでしょう。

フォアハンドボレーが安定している理由

ファーストボレーの時にフォアハンドボレーが安定している理由は、打つ方向に向かって体重をかけて打つ為、身体の軸が崩れないというのが1番の理由です。

フォアハンドボレーを使って、クロス方向にファーストボレーをする場合も、ストレート方向にファーストボレーをする場合も、進行方向に向かって体重をかけようとする為、身体の軸をしっかりと作って打つことが可能になります。

いつも以上に打つ方向に向かって体重をのせて打つ事ができるので、ファーストボレーを打つ瞬間に相手のショットの力強さによって、ボディバランスが崩れる事がないのです。ボディバランスが打つ時に崩れないという事は、歩行のように移動する為の次の足が自然と出てくるので、次のショットへの行動スピードも格段に速くなるでしょう。

まとめ

ファーストボレーをフォアハンドボレーで打つ理由は、ボディバランスがキープしやすいというという事です。

身体の軸を維持できるという事は、身体の使い方やラケットの操作など、身体の全ての部分を使ってショットを打つ為、ボールコントロールがしやすいという事です。

身体の軸がキープ出来ていない状態でボレーをするという事は、確実に手打ちになってしまいます。ラケットの面の向きだけでボールを配給しなければいけません。

ファーストボレーを安定させる秘訣は、打ちたい方向と同じ方向に体重移動をするという事です。

ファーストボレーでバックハンドボレーを使う時はもちろんありますが、バックハンドボレーはバックハンドボレーで安定させる方法があります。その安定させる方法がフォアハンドボレーに比べて格段に難しいのです。難しい方法を取るよりは、安定性の高いフォアハンドボレーをファーストボレーで使用する事を心掛けて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました