ショットを打った時のボールのスピードと安定度が劇的にアップする方法

フォーム

テニスでストロークやボレーのショットの威力を強くしたい。安定したショットのボールでスピードを速くしたい。そのような悩みは必ずあると思います。今日のレッスンでは、ほんの少し構え方を変えるだけでショットを打った時のボールのスピードとショットの安定度が劇的にアップする方法を教えたいと思います。

コートマジシャン
コートマジシャン

スピードを上げたいだけなら、力の強い人なら誰でも出来ますがテニスは安定したショットを打ち続けなければいけません。安定したショットにショットのボールスピードが速いといったハイクオリティなショットを目指していきましょう。

レディポジションの注意点

テニスでレディポジションとは最初の構えの事を言います。ラケットを持ち、足を肩幅より1足分広げ、つま先を正面に向けて構える状態をレディポジションと言います。相手がボールを打つ時に行うスプリットステップという動作よりも前の動作です。

レディポジションで注意して欲しいのはラケットの構え方です。構えた時にラケットの頭の部分(ラケットヘッド)が下がっている人を多く見ます。ラケットヘッドを下げて構えると、ラケットを後ろに引いて構える際に、ラケットヘッドからテイクバックをしてしまいます。ラケットヘッドからテイクバックをしてしまうと、ラケットを引く時にラケット面で風の抵抗を受けてしまうので、ラケットを引いた際に重く感じてしまいます。

更にラケットヘッドからテイクバックをするとラケットを大きく引いてしまう事になります。テイクバックが大きくなってしまうとショットの安定感に関してはラケットを振り出して打つまでの時間が長くなる為、ボールをラケットの真ん中で捉える事が難しくなってきます。

手打ちになる状態を作らない

ラケットを引く際に風の抵抗を大きく受けた事によりラケットが重く感じているのと、大きいテイクバックをしてしまっているというこの2つの状態は手打ちを引き起こす状態となっています。テイクバックの時点でラケットが普段よりも重く感じるので、ラケットの重さを腕力で緩和しようとします。テイクバックを完了した時点で腕や手に力が入っている状態でショットを打ちにいってしまう為、必然的に手打ちになってしまうのです。

手打ちではラケットを振る事に疲れてしまい、腕が重くなっていきショットのスピードはなかなか上がりません。なおかつラケットを大きく引いていて、振り出しにも時間がかかるのでラケットがフラフラしてしまっている状態です。デメリットが2つもあると最悪な状態と言えるでしょう。

ラケットを立ててテイクバックをするメリット

ラケットを立てて構えてからテイクバックを行う事によって、ラケットを引く際にラケットの側面からテイクバックをする事になります。風の抵抗は側面の細い部分だけ影響を受けますが、先程のラケットヘッドから引く方法よりは確実にスムーズに引けます。スムーズに引ける為、力も抜けた状態でテイクバックが出来るので、身体全体を使って打つ事ができます。

更にラケットを立ててテイクバックをする事によって、テイクバックを完了した時にお腹の力を使って構えている為、身体の軸がしっかりと安定します。身体の軸が安定すると相手から打たれたショットが1バウンド後に変化するボールだとしても頭がぶれず落ち着いてボールを見る事ができる為、対応しやすくなります。

コンパクトなテイクバックで余裕を持って打とう

ラケットを立てた状態でテイクバックを行うからこそ、コンパクトなテイクバックとなります。小さくラケットが引けると振り出しのタイミングも自分で調整できるので時間に余裕を持ってショットを打ちにいく事が出来るのです。

テニスは特に1バウンドしてからの軌道の変化が激しいスポーツです。簡単に説明すると、思っている場所にボールが飛んでくる確率が低いのです。そのようなボールを目で追って、身体を動かしてラケットを使い、安定したショットを打つわけですから、テイクバックしてからの時間が多ければ多い程、打つ余裕が出てくるという事です。ラケットの構え方はそれぞれですが、コンパクトはどの選手も同じです。時間に余裕が持てるようにしていきましょう。

お腹の力(丹田)を使って手打ち脱却!

テニスはお腹の力(丹田)を使って打たなければいけません。ラケットを立てた状態でテイクバックを行う事によって腕の力が抜けるようになるでしょう。その分、お腹の力を普段よりも使う事になります。丹田を使うようになるので、ラケットを引く際に腕が疲れる事はもちろんなく、テイクバックもコンパクトになり、ショットを打つ為の時間に余裕ができ、身体をしならせて打てる為、ショットの安定+スピードアップと2つのメリットを得る事が出来るのです。手打ち脱却の方法とも言えるでしょう。

まとめ

ストロークもボレーもレディポジションに関しては全く同じ事が言えます。テニスにとって力みは本当に弱点となります。対戦相手も力みという弱点を徹底して狙ってきます。

力みに関しては緊張や萎縮などメンタル面の話が凄く多いですが、レディポジションやラケットの引き方、そしてテイクバックなど動作にも力みは大きく出てくるのです。

テニスをする時はいつも腕の力を抜いてプレーをするという事を覚えていてください。腕の力を抜けばお腹の力を使うプレーをする事が出来ます。先程も説明しましたが、ショットの威力+安定度はここから生まれて来ます。そして補足にはなりますが、自分の打ったショットのボールが重くなるのもお腹を使うプレーをした人のみが出来る事なのです。自分の打ったショットのボールが重くなる理由は打つ時に体重移動をしっかりとするからです。

腕力でプレーをするという事はデメリットしかありません。丹田の力を使って、ハイクオリティなプレーが出来るようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました