ダブルスの必勝パターン。ネットに誘い出して、オープンスペースを作ろう。

ダブルスの必勝パターン。 戦術

今日はダブルスの戦術についてお話しましょう。力がない人やロブで良くエースを取られてしまう人って沢山おられると思います。

一生懸命ラケットを振り切って打つんだけど、相手の打ちやすいボールになってしまって、思いっきり打ち返されてパワー負けしてしまうんだよね。

アプローチショット打って前に出るんだけど、すぐにロブを打たれて苦しい体制になったりエースを取られてしまうんです・・・。何の為にネットに詰めて勝負をしに行っているのか分からない。

こういう話を良く聞きますね。試合でマイナスな気持ちを持ってしまうと次のプレーはなかなか上手くいかなかったり、試合全部を通して良いプレーが全く出来なかったりします。せっかく強気で仕掛けたのに・・・とか良いショットを打ったはずなのに・・・とか負の感情が出て来てしまうと問題があるのです。

今日はそうなる前に対策を練って勝負しようというお話です。今の皆さんの頭の中は全て積極的に攻撃していかないとという思考になっていますが、勝負するタイミングを変えるという事=相手の陣形を崩して次で攻撃するという事を考えながらポイントの取れる戦術を考えていきましょう。

まずは上手くいかなかったラリー戦、戦術の例を見てみましょう。

失敗例① ラリーを繋げて戦うな。

この図はダブルスのベースのラリーになります。ラリーは回数を重ねていくとパワーがある人が勝ってしまうのはテニスをしている皆さんならよく分かると思います。相手のミスを待ってますという人は既にマイナスな気持ちでプレーしてしまっているので、相手のミスは待たないようにして下さい。次のポイントのプレーや次の試合のプレーに繋がる気持ちを持つようにして下さい。ベースのラリーをずっとしていると、自分自身のグリップを握る力も強くなっていきます。相手のボールを必死に返球しようとすると、握る力は打つ度に強くなっていくのです。そうなってくると、握る力が強くなる度にラケットがしっかりと振れなくなり、ラケットヘッドが回らなくなって来ます。ボールを打つ感覚が悪くなっていくという事に繋がってしまいますね。ボールを打つ感覚が悪くなってしまう前に先手を打つという事を考えるのが今日のレッスンです。次の失敗例も見ていきましょう。

失敗例② アプローチショットをゆっくり打ってネットに出てはいけない!

せっかくアプローチでネットに詰めたのに、ロブを簡単に抜かれてしまうという状況にいる人の例ですね。一見、凄く積極的に攻めているように見えるし周りの人からも「凄く積極的だったね〜。」と言われる事が多いのですが、大きな間違いです。相手の陣形を崩せていない状態+自分から陣形を崩してしまうという最悪な状態になっています。自分から陣形を崩すプレーというのは次でポイントを必ず取る事が出来る確信がある時に行うプレーです。ロブでポイントを奪われてしまう状況にいる人は、とりあえずコートにボールを入れて前に行こうと考えている人がほとんどではないかと思います。

この2つの失敗例にならないように相手の陣形を崩して次の陣形でポイントを取るようにしましょう。簡単に説明すると、2つ目の失敗例のロブを上げた側がヒントになります。

第一段階 深いラリーをするは間違い。相手を前に誘い出して陣形を崩せ!

それでは戦術をお伝えしていきましょう。ダブルスのラリーをする時に必ずコーチ達に教わっている事といえば、「深くラリーをしましょう!」です。

はい!これは間違いです。深くラリーをすると、相手の陣形を崩す事が出来ないのでどちらがポイントを取ることが出来るかという判断は、相手のミス待ちパワーショットを打てるかになります。50%の確率で勝つか負けるかを毎ポイント行うと心臓が持ちません。精神的に苦痛になってしまいます。

ポイント取得率を90%に上げるためにこういう作戦を立てましょう。

赤色の矢印が戦術を行う人のショットです。浅いボールを黄色の枠内のどこかに打ちます。チャンスボールのように浮いたショットを黄色の枠内に入れるのではなく、しっかりとラケットを振って低い弾道のボールを黄色の枠内に入れて下さい。そうすると対戦相手は青色の矢印のように前に出て打つ事になります。相手に前に誘導されているので、慌てて前に出て来ている状態でしょう。

第一段階は相手を前に誘い出すというプレーから始まります。

第二段階 相手のポジションで打つコースを決めよう!

第二段階は前に出てきた人の場所を確認してポイントを取るショットを打たなければいけません。

1.相手の並行人の陣形が整っていたら、ロブを打て!

浅くボールを打ち、前に誘い出す事によって黄色の人はバランスを崩しているが、並行陣という前の陣形が崩れていない場合は、ロブを上げてもう1度陣形を崩すようにしましょう。前に誘い出された黄色の人はバランスを崩しているのでロブを追いかける事は不可能でしょう。そうすると、相手の前衛の頭を抜けばポイントになります。深く狙い過ぎてしまうと、手に力が入ってしまってロブの精度が落ちてしまうので、コートの内側を狙いましょう。黄色の枠内に入るように打つと良いでしょう。

2.相手の前衛が後ろに下がったらストレートアタック!

相手の前衛が後ろに下がるという事はこちらからロブを上げてくるのを待っているという事です。相手の前衛が後ろにいる時に、何故かクロスに返球してしまう方が多いのですが、クロスに返球してしまうとドロップショットを落とされてしまい、こちらが不利になってしまうので、ここはストレートアタックを相手の前衛の横に打ち、エースを狙っていきましょう。相手がロブを待っているという事は体重も後ろにかかっているはずです。体重が後ろにかかっていると、横の動きは全く動けないはずですから、少しコースを狙う精度が悪くてもエースを取れるでしょう。

3.後ろから誘い出した相手がセンターに移動した。ショートクロスでポイントゲット!

後ろから誘い出した人(赤色の人)がセンターに移動した時、オープンスペースはショートクロスです。しっかりとショートクロスに打てばポイントを取れるのですが、打つボールの精度が問われます。良いボールを打てる練習はしておいて下さい。

ショートクロスのショットのイメージは、弾道が低く、ボールスピードは遅くない状態でスピン回転がしっかりと掛かっている状態にしておかなければいけません。もちろん、スライスを打ってショートクロスを狙うという事は禁止です。確実に相手はスライスのボールに間に合って、ストレートアタックを打ってくるでしょう。この戦術だけはショットの精度でポイントを取得できるかどうかという状態になるので、ショートクロスを磨いておくようにして下さい。

まとめ

常に積極的な気持ちを持って勝負するという事は良いのですが、相手のバランスを崩したり、陣形を崩さないと勝負はどちらに転ぶか分かりません。大人になると、力の差もそこまでないと思いますし、ラリーになるとやはり戦術勝負になります。相手を動かす事によって、オープンスペースが作れるわけですから、真っ向勝負をするのではなく、相手を動かして陣形を崩して次の攻撃で勝負するようにしましょう。

テニスは今から打つショットや打たれるショットを考えるのはもちろんですが、必ず2手3手先の事を考えていないといけません。今回のレッスンのように、押してもダメな場合は1度引いてからまた押すというように相手が嫌だと思う攻撃方法を身につけるようにしましょう。テニスは性格と同じで十人十色です。その時々で相手の特徴を良く分析して、戦術を考えるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました