ボレー上達の秘訣!上半身の力を抜いて下半身で打て!

ボレー上達の秘訣 フォーム

ボレーをする時に皆さんはどの部分を意識して、ボレーをしているでしょうか。

やっぱりラケットの振り方かな?当てる感覚って凄く大切だと思うからラケットを振る力加減を考えているね。

私は手首の固定かな?しっかり固定しとかないと面が打つ方向に向かないからってコーチに言われたし、手首をしっかりと固定して打つ事考えてる。

そうですよね。ボレーって相手との距離が近いからどうしても焦ってしてしまうショットなんです。だから至近距離での手さばきが上手じゃないといけないと思って、上半身の動きの事をずっと考えてしまうんです。

コートマジシャン
コートマジシャン

実は上半身の動きの事を考えると体が硬くなってしまって、更に動けなくなってしまうのです。更に上半身に力が入ってしまうとボレーが上手に出来ないのは言わなくても分かりますね。

プレーヤーをしてきた私も、上半身の事を考えて力が入ってしまう気持ちは良く分かります。今日はそれを改善して行きましょう。

今日はボレーがすぐに上達出来る秘訣を伝授します。上半身の動きを考えるのではなく、下半身の動きを考えるとボレーが上手くなるのですが、どうやったら下半身の動きを考えながらプレーが出来るのかという事を説明していきましょう。

最初の構えで腕を伸ばし、ラケットを立てよう。

いきなり上半身の話してるじゃないかと思われる方がいるかもしれませんが、実は腕を伸ばしてラケットを立てる動作をする事で腹筋と太ももを使うことになるのです。

試しに失敗例と成功例を自分自身の体でして欲しいのですが、腕を曲げたりラケットを寝かしてして構えて見てください。手首・腕・肘に力が入っているのが感じ取れると思います。これは失敗例です。上半身に力が集まってしまってはいけません。

次は成功例を試してみてください。腕をしっかりと伸ばして、ラケットを立てて構えて下さい。イメージは剣道のようにラケットを立てたまま、対戦相手に握っている手も含めてグリップを引っ張られるような感覚です。

そうすると肩甲骨が伸びる感覚とともにお腹に力が入ります。力が入る部分の名称は丹田という所です。人の身体の中心とも言われている部分ですね。そこに力が入ってくるとボレーの構え方は成功です。練習をしないとボレーの構え方は上手くなりませんし、適当にやってしまうと自然と腕が肩を支点に開いてしまって悪い状況になってしまいます。構え方を完璧にして、お腹を使ってボレーをする準備が出来るようにしましょう。

ラケットをコンパクトにセットしてお尻に体重を乗せよう!

見出しにも書いてあるように、お尻に体重を乗せてからボレーをすると足で地面を蹴るという動作を自然と行う事が出来ます。お尻に体重を乗せてからボレーをする事によって、ボールが重たくなったり1バウンド後のバウンドが滑るようになってきます。では、どうすればお尻にしっかりと体重を乗せれるのかという事を考えていきましょう。

お尻に体重を乗せる為にはテイクバックが重要になってきます。先程の説明のような構えが出来ると次はテイクバックになりますが、ボレーではテイクバックという表現はありません。後ろに引くのではなく、さっと身体の前でラケットの面を打つ方向に向ける動作からセットという表現になります。

ラケットを立てて腕を伸ばし、丹田を意識した構え方から手首の力を抜いた状態で、フォアハンドボレーなら打つ方向に利き手の手のひらをセットして下さい。両手バックハンドボレーならば利き手ではない方の手のひらを打つ方向にセットです。片手バックハンドボレーならば、利き手の手の甲を打つ方向にセットです。

腕を伸ばして丹田を意識した状態からラケットをセットする事で、自然とお尻に体重が乗るような身体の動かし方になるのと、お尻に体重を載せる事によって重心の安定、つまり身体のバランスを安定させれるようになります。テニスの専門用語を使用するならば、タメを作るという表現になりますね。

タメを作れば打つ時に地面を蹴って、体重移動がスムーズに行くのと重たくて1バウンド後に滑る質の良いボールが打てるようになります。構えとセットをしっかりとしていないと下半身の動きを意識する事が出来ないので、構えとかセットは意識して出来るようにして下さい。

ボレーは全て踏み込むは間違い!自分の足の幅を理解して!

構えとセットが完成するといよいよボレーをするのですが、ボレーはなんでもかんでも踏み込まなければいけないというのは大間違いです。あくまでも自分の足の幅を確認してボレーしなければいけません。

踏み込み過ぎてボレーすると起き上がって来れないはずです。それはどういう事かというと次の準備が出来ないという状況でもあり、ボディバランスが安定していないから打つ時にしっかりとした体重移動が出来ていないという状況になっています。

良いボレーをしようと思ったら、ラケットをセットしてお尻に体重を乗せた段階で自分自身が曲げようと感じた分だけ膝を曲げて姿勢を落とし、太腿の内側が張らないぐらいの足幅でボレーを打つのが1番良いです。そうすると身体の柔軟性が効いて、体重移動が普段以上にスムーズに出来るようになります。体重移動がスムーズになると、打った後のボールが重たくなり、1バウンド後に滑るボレーとなるでしょう。

まとめ

全てのボレーをこのように打つという事は不可能です。なぜならば、相手のボールによって打点がバラバラになるからです。ハイボレー・ミドルボレー・ローボレー・そしてハーフボレーと様々な打点でボレーをする事になります。

今回のボレーは1番ショットとして良く使うボレー、ミドルボレーとローボレー、そして少しハーフボレーの部分を説明しました。構え・セット・踏み込みを含む全ての動作を下半身に意識を持っていきました。上半身の動かし方や構え方を変える事によって、腰や足の使い方が大きく変化してきます。

ボレーは上半身の力を抜き下半身を使って、スピードよりも重くて、1バウンド後に変化のあるボールが打てるようにしていきましょう。

質問がありましたら、コメント欄より受け付けてます。是非、お待ちしております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました