ピンチのときでもたった2種類のフットワークで形成逆転できる方法

フォーム

試合をしていて相手に振り回された時、不意に浅いボールが飛んで来た時など慌ててプレーしなければいけないシチュエーションってよくありますね。今日はそんな時も攻撃出来る2種類のフットワークを覚えていきましょう。2種類は場面によって使い方が異なります。1種類ずつ詳しく確認して、各場面に合ったフットワークが使えるようにしていきましょう。

1つ目 左右に振られた時はオープンスタンスを使って攻撃に切り替えよう

シングルスでもダブルスでもコートの外に振り回されたり、ロブを上げられて走らされたりという左右に動く場面はよくありますね。スピードが速くなってくるとコートの外まで走らなくても気がつくと左右に振り回されてるという状況はよくあります。

こういう場面で使用するフットワークをオープンスタンスと言います。オープンスタンスは名前の通り、足を開いて右から左へ・左から右へ体重移動をして打つフットワークになります。

打ち方はボールを追いかけるスタート時にテイクバックを完了してしまい、ボールの打点に入る時に横に足を踏み込みます。踏み込んだ足に体重をしっかりと乗せておいて、ボールを打つ時に反対の足へ体重移動を行います。そうすると外に振られたボールの力と、体重移動の力が加わり爆発的なカウンターショットが打てます。

オープンスタンスを行う際に注意をする事があります。それは移動を全速力で行った後にブレーキをかけて打つ為、身体の軸がブレやすいという事です。身体の軸がブレると、頭がグラグラし始めます。そうなってくるとバランスが崩れて目線がずれるのです。目線がずれた状態でボールを見ると焦点が合わないので失敗をする確率が格段に高くなるでしょう。

軸を安定させる為に、体幹に力を入れるようにしましょう。背筋をしっかりと伸ばして動くとバランスを保つ事が出来ます。体の中心に棒が1本刺さっているようなイメージを持つとより良いでしょう。

しっかりとボールの後ろに入り、オープンスタンスを使うと攻撃出来る回数が増えてきます。相手に振り回されたとしても攻撃に転じる事が出来るようにしましょう。

2つ目 少し浅くなったボールはダブルステップを使ってネットを取ろう

相手の当たり損ないのショットがサービスライン付近に急に落ちた時、スライスを多く使ってくる相手、ミスショットのドロップショットなど完全に浅くはないんですけど、少し浅くて微妙な地点のボールが飛んでくる事があります。その時自分自身はというと予測していなかったボールが飛んで来ているので、慌ててスタートしているでしょう。

そういう時には、片足でケンケンをするように体重移動をして前から更に前に体重移動をするフットワークダブルステップというフットワークを使用します。ダブルステップを使用すると前の浅くて取りにくいボールや相手の返球に力がないボール(死んだボール)を攻撃力の高いショットで返球する事が出来ます。ダブルステップは前の動きに強いフットワークなのです。

片足でケンケンするという表現でわかるように片足に凄く負荷がかかるのと、このフットワークもバランスを崩しやすいです。構えてからボールを打ち、そして打ち終わりまで背筋を伸ばした状態をキープしておかないとケンケンの動作で体重が全て前にかかってしまう為、頭が前かがみになってしまってお辞儀をした状態でボールを打つことになります。

この状態になってしまうとラケットの面が下を向いてしまうので、どれだけ力で持ち上げようとしてもネットを越す事はないでしょう。キーポイントは背筋を伸ばして打つという事です。

浅いボールで使用するのはもちろんですが、上級者はチャンスボールで良く使用する事があります。ダブルスステップのフットワークを使用した時点で後ろに下がる動作はまずありません。言い換えると、ネットに行きボレーをしなければならないという状態になるのです。

近代テニスではネットプレーが当たり前になってきています。ダブルステップを使うと体重が前に乗っているからネットに行くスピードも格段に早くなります。ネットプレーに行かなければならないという先程の表現はストロークを自分の得意分野で考えている人の表現になります。

ネットを取ってボレーでポイントを取ろう!

積極的思考でこのように思えるように取り組んでください。

まとめ

2種類のフットワークを使用すると、コート全面どこの場所からも攻撃する事が可能です。ですが、2つ注意して欲しい事があります。

・フットワークを使用する際は必ず体幹を意識して、背筋を真っ直ぐにする事

・相手の返球によって、既にゲームの中でのバランスは崩されている。攻撃される前に攻撃する事。

オープンスタンスもダブルステップも普段のストロークと違って、ドシっと構えて打っているわけではありません。動きながら打っているという状態になります。

動きながら打っているという事は既にグラグラの状態で構えなければいけないという事です。グラグラのボディバランスを抑えようと思ったら、体幹をしっかりと引き締めて体のブレを抑えなければいけないのです。背筋をしっかりと伸ばして身体がグラつかないように心掛けてください。

そしてオープンスタンスやダブルステップを使用する場面というのは、既に相手にポジションをずらされてゲームとしてのバランスを崩されているという事です。

ポジションを崩されているなら、1度相手にゆっくり返球してラリーした方がいいんじゃないの?

このように言われる方は多いのですが、上級者のプレーを見て下さい。そのようなプレーをしている人はほとんどいません。それもそのはず、ポジションを崩された時点でゆっくりラリーしても次のショットでエースを取られて失点してしまうからです。

エースを取られて失点するぐらいならば、フットワークを駆使してカウンターショットを打ち、自分にチャンスが来るように仕掛けてみましょう。ピンチはチャンスという言葉がありますが、2種類のフットワークを使う時はまさにその時です。

テニスのフットワークは知れば知るほどコート全面をカバー出来るような仕組みになってます。まずはオープンスタンスとダブルステップを覚えて、ディフェンス状態から常にオフェンス状態になるようなゲームメイクをしてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました