これで完璧!両手バックハンドストロークを極める3つの条件

バックハンドストローク 戦術

ストロークにはフォアハンドストロークとバックハンドストロークの2種類があります。

フォアハンドストロークは結構良いんだけど、バックハンドストロークが苦手なんだよなぁ〜・・・。

私もバックハンドストロークは上手くコントロールが出来なくて。どうしても力が入っちゃう。

 

このような悩みを多く聞きます。私も最初はフォアハンドストロークが凄く得意でバックハンドストロークが大嫌いでした。嫌いだから使用している数も違うんですよね。フォアハンドストロークの方が間違いなく多く使っています。

今日は両手バックハンドストロークを得意にする為に3つのやるべき事に着目を置いて、両手バックハンドストロークを完璧にしてしまいましょう。

コートマジシャン
コートマジシャン

バックハンドストロークがしっかりと打てるようになれば守る範囲も広くなるし、攻撃する範囲も広くなるよ。メリットしかないから使えるようにしちゃおう。

テイクバックは大きく分けて2種類

まず最初に両手バックハンドストロークのテイクバックには大きく分けて2種類あります。どちらが良いかという事は次の説明で答えますが、テイクバックが大きく2種類あるという事を確認しておきましょう。

2種類の方法は下から引く方法と上から引く方法です。

日本の有名なプロテニスプレーヤーで例えるならば、下から引く方法は伊達公子選手が使用しています。

上から引く方法は錦織圭選手が使用しています。

どちらもメリットとデメリットがあります。両手バックハンドストロークがどちらを使えば良いのかをよりしっかりと理解する為にメリットとデメリットを説明したいと思います。

まず、下から引くメリットですが、テイクバックがコンパクトになる為タイミングを合わせやすくなるのです。

ライジングショットで打ったり、深いボールが来た時にこの引き方をするときっちりとボールにタイミングを合わせれる事が多いです。

デメリットとしてはテイクバックがコンパクトになる為、スイングする幅が少なくなるので回転に負けたり、スピードに押されたりしてしまうでしょう。

次に、上から引くメリットは下から引くテイクバックと正反対になります。

テイクバックが少し大きくなる為、スイングの幅が増えます。そうするとスイング力とパワーが上がるので、ボールに押され負けたりはしなくなるでしょう。

そして、緩いボールだとこちらの方がタイミングは合わせやすいです。イチ・ニー・サンのリズムでしっかりと打てるでしょう。

一方デメリットは速い球や跳ねるボールのタイミングを合わす事が難しくなります。合わす事さえ出来ればしっかりと打ち返す事も出来るでしょう。

条件1 両手バックハンドストロークの時は上から引く

さっきの説明は分かったけど、じゃあ両手バックハンドストロークはどっちがいいの??

という人は多いと思います。タイミングを合わす事を優先した方が良いのか、パワーを優先した方が良いのか悩まれるでしょう。

実は両手バックハンドストロークはテイクバックが早く出来るのです。理由はたった1つです。両手でラケットを握っているから、片手に比べて引く距離が少ないのです。

そして、後ろに引く力も両手だから強いので素早くテイクバックが出来ます。それを考えると、もうどちらが良いかお分かりですね?

そうです。上から回したら一石二鳥です!パワーもあり、早くテイクバックする事が出来るのでタイミングも合わせる事が出来る引き方が可能なのです。下から引いている人は上から引くようにしてみましょう。

男性の上級者になってくると、ボールのスピードが速くなってきます。そうなってくると、2種類のテイクバックを使い分けしなければいけない状態も出てくるでしょう。男性の上級者はテイクバックを考えてプレーしないといけない時はありますが、ベースは上からテイクバックと覚えておきましょう。

条件2 テイクバック時の肩で距離感を取る

両手バックハンドストロークで1番難しいとされるのが、ボールとの距離です。フォアハンドストロークだと利き手ではない方の手を伸ばす事によって、ボールとの距離を簡単に取ることが出来るのですが、バックハンドストロークは距離を測る為に手を伸ばす事は出来ません。

では、どうしたら良いかというとテイクバックの時点で両腕をしっかりと後ろに伸ばしましょう。

しっかりと後ろに伸ばすと、背中から肩が引っ張られるような感覚があると思います。この感覚が距離を取る秘訣になってきます。

テイクバックで腕を伸ばした距離と、当たる瞬間までの距離は同じ距離となります。そう考えると、肩の張りがある状態で振ると、テイクバックで腕を伸ばした距離でボールを打てるという状態になるのです。少しでも腕が曲がってしまうと肩の張りが無くなってしまったりするので距離が取りづらくなりますので、注意して下さい。

・テイクバックの時点で両腕を伸ばして、肩の張りの感覚でボールとの距離を調整する。

条件3 ラケット面は打つ方向に向けて、フォロースルーまで地面と並行にして振り切る!

テイクバックの方法とボールを打つ距離の確認が出来ればいよいよスイングです。両手バックハンドストロークのスイングで気をつけなければいけない事が2つあります。

ラケット面を打つ方向に向けて地面と並行に振り、そのまま肩にかつぐ。

ゆっくり振るのではなく、肩にかつぐまでしっかりと振り抜く。

この2つを守らなければいけません。

ラケット面を打つ方向に向けて地面と並行に振らないと両手バックハンドストロークの場合は安定したショットが打てません。ラケットの面の向きを間違えてそのままスイングしてしまうと、ラケットの面が向いている方向に打ってしまう事になります。つまり下を向けて振ってしまうとネットにかかりますし、上を向けて振ってしまうとアウトになってしまいます。

なので何度も言いますが、ラケット面の向きを打つ方向に向けて前に飛ばそうと意識を強く持たなけばいけません。

そしてゆっくり振るのではなく、肩にかつぐまでしっかりと振りましょう。

表現としては振り切るという表現が1番合っていると思います。ゆっくりラケットを振ってしまうと、ボールとガットとの球離れが早くなり、遠くへ飛ばす事が難しくなってしまいます。ガットの性能を利用しなければボールは飛びませんので、自分の振れる範囲でしっかりと振って少しでもボールを潰して打てるようにしましょう。

しっかり振ると、ボールに回転をかけて打つ事も可能になるので、コートの中に収まる力強いショットが打てるようになります。振り切るという事に悪い条件は絶対にないので、強気で振り切って下さい。

まとめ

・両手バックハンドストロークのテイクバックはラケットを上から引く。

・テイクバックで両腕を伸ばして肩の張りで距離を測る。

・フォロースルーまでラケット面を打つ方向に向けて、地面と平行にしっかりと振り切る。

この3つを極めると両手バックハンドストロークの精度は格段にUPします。距離が上手く取れないからラケットがしっかり振れないという悩みももう無くなるでしょう。両手バックハンドストロークが得意になってくると、フォアハンドストロークとバックハンドストロークの役割が大きく分かれてきます。プレーの仕方や戦術にも変化が出てくると思います。

練習中に苦手だからやりたくないと逃げるのではなく、どんどん両手バックハンドストロークを使って、打てる感覚を掴めるようにしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました