ロブは相手の上を抜く為のショットではない!相手に触らせて次のショットでポイントを奪え!

戦術

今日も暑い1日ですね!明日から雨が降るみたいです・・・。木曜日は雨続きなので、少し晴れて欲しいかなって思いますね。さて、今日はロブの使い方を勉強していきましょう。

ロブが上手く使えないんだよね〜・・・相手の上を抜いて勝負したいんだけど・・・

相手も結構後ろにポジション取ってるからしっかりと上げないと深い所に入らないんだけど、そんなコントロールもないし難しいよね〜・・・少しでも力入れてしまうとアウトしちゃうし・・・

 

レッスンで毎日この言葉を聞きますね!ロブは絶対相手を抜かないといけない。ましてや本当にギリギリの端っこを狙わないと良いロブではない。こういう状態をイメージしている人は多いと思います。このイメージでロブを打ってしまうと10回打って1回成功するかどうかの成功率になってしまいます。

コートマジシャン
コートマジシャン

私もダブルス苦手な時はそういうイメージで打っていました。ですが、もう少し頭を柔らかくして考えていくと触らせた方が良い時もあるんです。今日はそのような作戦を勉強していきましょう。

ロブ1つで戦況が大きく変わります。自分のプレーに新しい風を吹かせていきましょう!

ロブの狙う場所をしっかりと見定めていこう!

左の図を見て下さい。これは先程から皆さんが悩まれているロブの打つイメージ図です。なかなか厳しい所をイメージされていますね。確かに入れば最高のショットですし、次の攻撃がしやすいのは分かります。ですが、この状態を目を閉じてイメージして下さい。何回ここに入れることが出来るでしょうか?もうお分かりのようにここに入れる事は本当に難しいのです。なのでこの既定の概念は一度リセットしちゃいましょう。ちなみに相手が雁行陣でも並行陣でも同じです。難しい所を狙うのではなくて、リスクは極力少ないショットで次のシチュエーションで相手を仕留めるというのが1番良いですね。

正しい例はこちらになります。相手には確かに触られますが、バックハンドハイボレーになりますね。これが1番大切です。相手にバックハンドハイボレーを打たせると、そこまで強いボールが返って来ないです。そうすると2人で次のボールを攻撃する事が可能となります。この作戦を今日は覚えて下さい。これだと、ロブは取られるので仕方ないですが、次が強打出来るチャンスが訪れます。1回の攻撃で勝負するのではなく、2回3回攻撃をしてポイントを取るという攻撃パターンを身につけて相手にプレッシャーを与えていくようにしましょう。

ロブの後の2打目が勝負!相手の返球コースを予測して攻撃へ移ろう!

ロブを打った後の相手のハイボレーのコースをまずは覚えておきましょう。男性も女性もきっちりと赤色のマークへロブを打ったら前衛が後ろに走ってバックハンドハイボレーをします。そうすると、クロスへのハイボレーはまずほとんど入らないと思って下さい。一生懸命狙ってくる人はいますが、10本やって2本入るか入らないかの確率です。なので、ほとんどの方は黒の矢印の範囲でハイボレーを打ってくるでしょう。

ハイボレーは上から下に打つショットなので、まず深くは入ってきません。そう考えると後ろでロブを上げた選手はベースラインから1歩か2歩前にポジションを移動した方が良いでしょう。そして前衛はセンターを抜かれてしまうと困りますので、センターのボールをケア出来るように構えて下さい。このように構えておくと、基本相手がどこに打ってきても2人で次のボールを勝負する事が出来ます。相手が打ってくる前のこのポジションが凄く大切になってきます。これは頭に入れて置いて下さい。

最後の仕上げが左の図になります。上の図のようにポジションを取ることが出来て相手のボールが手元に来たら、ここが勝負のポイントです。打つコースは3つのどこかになります。オープンスペースをしっかりと狙っていきましょう。例えば、バックハンドハイボレーを打った際にバランスを崩しているならば、バックハンドハイボレーを打った選手の横を狙う。並行陣をとっていたり、後ろの人がサイドケアに入っている場合はセンターを狙う。逆に後ろの人がハイボレーした人のカバーでセンターに入った場合は後衛側のワイドを狙う。こういう風に相手の動きによって空いた場所をしっかりと狙って強気で強打して下さい。ゆっくり打ってしまうとまた元に戻ってしまう可能性があります。ここが強気で攻めるポイントです。左の図の黒の矢印は前衛がボールを打つ時のコース。赤の矢印は後衛が打つ時のコースです。しっかりと相手の状況が読めるようにして下さい。

まとめ

ロブの使い方は1種類にあらずです。ただ相手の上を抜けば良いとか、良いロブを打てば良いとか適当に考えるのではなく、ロブをバックハンドで触らせると次のボールはゆっくり浮いてくるか浅く緩いボールになります。その次で攻撃をするという2段階の攻めというのが大切になってきます。1発で勝負という考え方は1度捨てましょう。2段階、3段階攻撃を考えると次のプレーを考える事となり、1ショットを意識しないので緊張もほぐれていき、ロブの精度も上がっていくものです。リスクは少なく、攻撃力は高くというプレーを目標にして下さい!次、テニスをする時はこの作戦を是非取り入れて使用して下さいね!

コートマジシャン
コートマジシャン

ランキング宜しく〜!


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました