ボレー上達法!注意点を確認して、他の人との差をつけよう!

フォーム

今日はボレーについて説明していきたいと思います。ボレーを覚えると空間を縮める事が出来て相手の時間をストロークの時よりも奪う事が出来ます。食べ物と同じで好き嫌いはありますが、苦手克服・得意な部分を更に引き伸ばすというイメージを強く持ってプレーしてみましょう!

 

コートマジシャン
コートマジシャン

実は私もボレーが苦手で、ストロークが大好きでした。しかし、ストロークだけではいつか限界が来てしまいます!ストロークとは力が入って打ってしまうショット。力み過ぎてしまっていつかミスが出てしまうのです。ボレーを沢山して感覚を覚えて少しでも相手との距離を縮めてポイントを取ることが出来るようになる事をお勧めしています!

何人かの方に聞くとやっぱりこのような回答が帰ってきましたね!

ボレーのタッチが分からないし、打ってもミスをするからストロークで攻撃してる方がローリスクで攻撃が出来る。ボレーを使うより、最後の最後までストロークで攻めて最後はスマッシュぐらいが良いかな。

 

相手のボールスピードも速いし、前に行くと少し怖くて失敗しそう。丁寧に丁寧にと考えてると力が入って余計にミスをしてしまう。ダブルスではペアもいるし、申し訳なくなってしまって積極的にいけない。

 

分かりますね。私もこんな感じでした。でも、練習の時から落ち着いて注意点を意識しながらするとボレーもしっかりと出来るようになってきます。無理はしない事、だけどボールは触っていくという勇気を持つ事。これが上達への秘訣のメンタルの持ち方です。今から上達する為の方法を伝授します。是非、試合や練習で使って見て下さい。

ボレーは手ではなく、足と体幹を使って打て!

ボレーが上手くいかない人の悪い例として、手とか腕を使ってボレーをする人がいます。これが1番問題ありです。ボレーをする時に意識するべきは足の使い方と体幹を使って打てているかどうかです。

まずは足ですが、自分が楽な姿勢を取れる足幅に広げてください。その時に軽くは足を曲げておきましょう。ドシっと構え過ぎてしまうと次の動作にいけないので、軽く動けるぐらいで大丈夫です。相手が打つ瞬間にスプリットステップを必ず踏むというのが大切な事の1つです。ここを大人になればなる程、サボってしまう方がおられます。これは良くありません。しっかりとスプリットステップを踏み、相手の打つリズムを足で取ってください。スプリットステップの着地の時には、かかとは上げておいて母趾球に体重を乗せた状態で着地してみましょう。これでスムーズに足が出ると思います。

2歩踏み込むステップを使うようにしてください。フォアハンドボレーなら右足→左足で踏み込みボレー、バックハンドボレーなら左足→右足で踏み込みボレーです。

2歩踏み込みのボレーってさ、遠い所のボールを取るために使うんじゃないの?

という質問があります。この方の質問も間違ってはいませんが、最近では遠いボールはバトミントンのようにオープンスタンスでボレーするという方法もあります。本来の2歩踏み込みのメリットは体重をしっかりと乗せてボレーが出来るという意味での使い方です。特に自分の近くに飛んで来るボールは2歩踏み込みをしっかりと意識出来たら良いボレーが出来ます!

そして、重要なのは体幹の使い方ですね。まず構えの段階で背筋をしっかりと伸ばしてください。スプリットステップの構えを無意識で行うと、必ず前傾姿勢になってしまいます。背筋をしっかりと伸ばして、下のお腹が少し張っている(力が入っている)ようにしてください。

先程説明した2歩踏み込みをする際にも、背筋を伸ばしている状態をキープして2歩踏み込みをしてください。そうすると下のお腹から取りに行くような感覚になります。こうする事によって体の中心部分を使う為、体重移動がしっかりと出来る事と打ち終わった後の次の構えがスムーズに出来ます。 

ボレーにテイクバックはいらない!セットとフォロースルーが鍵を握る!

ボレーをする時にラケットを引いてしまう方は多いかと思います。特に前に行けば行く程、相手との距離が近くなってくるのでラケットを引く事はしないのですが、サービスラインぐらいでのファーストボレーとかはボールを飛ばさないとと意識をしてしまって、何故かラケットを引いてしまうという事が多いかと思います。まずは意識の持ち方を変えてしまってボレーの構え方をテイクバックという表現からセットという表現に変わるようにしてみましょう! 

まず、ラケットのセットの位置ですがどのシチュエーションでも必ず体の前でセットしてください。腕が前にほぼ伸びている状態が1番良いです。完全にピンと伸ばしてしまうとこれは単純に力を入れてしまっている為失敗の構えとなってしまいます。ラケットを持って力を抜いた状態で前に手を出すと、少し腕がしんどいですが軽く肘が曲がった状態で腕を伸ばすことが出来ると思います。これがラケットのセットの方法です。

体を横にターンさせてって言われてるんだけど、横に向かなくていいの?

こういう質問が多いのですが、体を捻る動作が何故必要かという事を考えて下さい。相手から緩い返球が来た時に自ら力を加える為に捻るという動作が必要なのです。ボレーに関しては、ハイボレーは相手からの返球が緩い為、力を加えないといけないので体を捻りますが、普通のボレーやローボレー・そして相手のボールの勢いがある少し高めのボレー(ややハイボレー)などは捻り動作は必要ありません

ラケットをセットした時に体は勝手に捻りの動作を少しだけ入れてしまうような作りになっています。なので、正面を向いたままラケットをセットという風に覚えて下さい。体全体に力は入れないようにしましょう。こうすると前に構えた状態で自然と体が打つ方向に流れるような状態が完成しています。

そしてキーポイントはずばりフォロースルーにありと言った方が良いでしょう。フォロースルーとはラケットがボールに当たってから乗ってる状態以降の事を言うのですが、フォロースルーが0になる・つまり必要ないという事は絶対にありません。良くブロックボレー(止めてポトンと前に落とすボレー)の時はフォロースルーがいらないという説明を受ける方がいるみたいですが大きな間違いです。必ずフォロースルーはついてきます。場所や返球スピードによって、スイング幅が大きいか小さいかです。

フォロースルーが大きい時というのは相手との距離がある場合、例えばサービスライン付近からサービスラインからベースラインまでの場所でボレーを使用する際はフォロースルーが大きくなります。他にも相手のスピードがとても速くてラケットが弾かれそうな時、あまりにも緩い返球の場合などです。どれも共通して言える事は、相手の打ったボールの力を借りれずに自分で力を加えなければいけない状況の時だと言う事です。この時にはフォロースルーは大きくなり、ラケットの振る幅が出てくるでしょう。

逆にフォロースルーが小さい時はというと、サービスラインからネットまでの間で自分の反応出来る速度で低いボールが飛んできた場合です。この時はコースだけを意識すれば良いので基本的にはフォロースルーは小さい状態で大丈夫です。フォロースルーの使い方によって、安定度UPをすることが出来ます。ラケットワークもしっかりと身につけるようにして下さい!

最後の1ポイントアドバイス!ボレーは振るの?振らないの?

コートマジシャン
コートマジシャン

ボレーは振ったダメって教わりました!だから手首をロックして振らないようにボレーしていきます!こういう教わり方をしたっていう人、多いですよ!

最近このような話が凄く多いです。見てると手首が壊れそうなぐらいにガチガチに握って速いボールを必死に止めようとしている方々がいます。

結論から言いますと、ボレーはフォロースルー部分を使って振ります

ただ、振るという表現をすると先程の説明にもあったようにテイクバックをしてフォロースルーまでストロークみたいに振る人が出てきます。これは間違いです。体の前でのセットは変わらずで、そこからのフォロースルーを大きくしなさいという意味です。振るという表現1つでは難しいとは思いますが、ストロークの振る、そしてボレーの振るは意味が変わってきます!ボレーはフォロースルーを大きくして下さいという表現で捉えてもらえると分かりやすいと思います。

 

以上がボレー上達法になります!

まとめ

注意点は非常に細かい所が多いですが、皆さんも大雑把には理解されていると思います!ただ、ここから先相手と差を広げたいと思うならば細かい注意点をしっかり正しくする事が大切です。とりあえずボレー入っているからいいやとかではなく注意点を意識して、重くてバウンド後に滑るボレーを打っていきたいですね!他の人とは違うボレーになるように頑張って練習して下さい!

今日のブログはここまで!面白かったという人は下のブログランキングをクリックして下さいね!それじゃあ、またお会いしましょう!


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました