ピンチはチャンス!コートの外に出されたら相手の意表をつけ!

戦術

角度がついてコートの外に出されたら、どこに打っていいかわからないよね?相手の正面に返した方がいいのかな?ゆっくり返して2人のポジションを整えた方が絶対にいいよね?

 

やっぱり男はダマってフルスイングでしょ?どこかに思いっきり打てばなんとかなるって!その後にカバーなんかすればいいんだよ!とりあえず強気が大切だね!

 

コートマジシャン
コートマジシャン

こういう話良くありますよね!男性と女性で考え方も違うんですよね。でも、テニスでの攻撃方法は男女共に同じな部分もあるんです。今日はコートの外に出された時に何処へ打てばいいかです!コート全体の状態も確認しながら勉強して行きましょう!

 

体がコートの外に出た時点で2人のポジション(バランス)は崩された状態となっています。ハッキリ言うと、素直に返したり軽くロブを上げてポジションを戻そうとすると、結局エースを取られてポイントを失う事間違いなしです。そうならないように先に攻撃を仕掛ける事が非常に大切です。相手側のポジションを確認して、攻撃の仕方を考えて行きましょう! 

相手前衛が前に詰めているならロブを使って攻守逆転!

黒の矢印の方向に打たれる事でコートの外に出ます。この時に相手の前衛の位置を必ず確認して下さい。前につめているか、後ろに下がっているかという確認は凄く大切です。相手が前につめているならば、ロブを上げる事が1番の最善策になるでしょう。普通に打つと簡単に前衛に捕まってしまって、どうしようもない状態になってしまいます。外に振られてバランスを崩されたようにも見えますが、攻守交代のチャンスでもあります。ロブを上げて前衛の頭上を抜けたならば、ロブを上げた選手は前に移動してボレーに入りましょう。2人で並行陣を取り、攻撃体勢に変更して下さい。

相手前衛が後ろに下がっている!1発KOのストレートアタック(パッシング)を使え!

先ほどのロブの戦術とは違って、相手の前衛がロブだと思って後ろに下がっている時は千載一遇のチャンスです!ストレートに思いっきり打ち込んでポイントを取りにいって下さい。丁寧にショットを打ってしまうと前衛が取れる範囲内に入ってくる可能性があります。反応が早い人、足が速い人など様々な選手がいます。そのような選手にも取られないように、ストレートコースが見えたと感じたら思い切って打ち込みましょう!これでアウトしてしまったら、その時は強気で攻めた自分を褒めるようにして下さい!コートの外に出された時点で不利な状態だったので、ここで強気に攻めれた自分は素晴らしい選択をしたと思って頂いて良いでしょう。

相手後衛がセンターに寄った場合は強気のショートクロス!

この状況は相手後衛選手がアプローチショットを打ち、前に来た時に起こる状況です。ロブという選択肢もあるのですが、アプローチで前に来ている時は相手の前衛もロブを警戒している事が非常に多いです。かといってやみくもにストレートに打つとボレーされてポイントを失ってしまうでしょう。ここで役に立つのがショートクロスへのパッシングショットです。相手のショットの威力もありますので、打ち方としてはしっかりとクロスへ打つイメージで良いです。回転を掛けたりとか、下から上に振ったりとか難しく考えないようにして下さい。ボールを見て、思い切ってクロスへ打ち込みましょう。強気なプレーが大切です。

まとめ

全ての戦術において大切な事は強い気持ちを持つ事です。相手に攻められる事が多くなってしまうと、どうしてもマイナスな思い(消極的な思考)になってしまう事が多いですが、ここでプラスに考えれる人は追い込まれてからでも力を発揮します。 

相手にポジションやバランスを崩されてしまったのは仕方のない事です。ですが、チャンスがあるならそのチャンスを掴もうと思う事が大切です。完璧な人間などこの世にいません。何処かに突破口があるならば、その突破口を見つけて下さい! 

攻撃こそ最大の防御です!常に攻める気持ちを忘れないようにしましょう!

本日のポイント

・相手の前衛が前につめているならば、ロブを使って攻守逆転を狙え!

・相手の前衛が後ろにいるならば、ストレートアタックを使ってポイントゲット!

・相手の後衛がアプローチをしてきてセンターに寄ったならば、ショートクロスが突破口!

コートマジシャン
コートマジシャン

今日のレッスン面白かったら下のブログランキングをクリックしてね!

 


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました