ロブを上げさせない戦略!勝利への突破口はハードヒットにあり!!

戦術

アプローチをしたんだけど、すぐロブを上げられるんです・・・

 

<br>

しっかり振ってるんだけど、ロブが上がって来てゆっくりしたボールをミスしちゃうんです!

  

はい❗️という声を沢山お聞きします❗️この前、私のレッスンでもロブを上げられると・・・

 

<br>

やっぱりロブか〜!上げると思ってたわ〜!前に行くの止めよかな〜。

 

なんて言ってる人が多いです❗️

 

コートマジシャン
コートマジシャン

ちょっと待った〜〜❗️ロブを上げられているのは相手の状態や自分の状態を確認せずに勝負しているからだよ❗️もっと良く確認して、ロブを上げられないような術を考えよう❗️

 

という事で、ロブを上げさせない戦略を考えていきましょう❗️

ハードヒットは必須条件❗️

第一に考えないといけないのは、ハードヒットを必ず行う事です❗️ 

わたし、強く打つって無理なんだけど・・・

 

何か勘違いしていませんか❓ 

コートマジシャン
コートマジシャン

ハードヒットは確かに強く打つって意味に捉えられがちですが、ここではラケットをしっかり振ることと考えて下さい❗️

        

ラケットをしっかり振ると、1バウンドした後にボールが滑ります。これはラケットでしっかりとボールを押し込んでいる証拠です。ラケットをゆっくり振ってしまったり、当てるだけになってしまうと1バウンドした後は上に跳ねます。これはガットにボールが食いついているか食いついていないかの違いです。ラケットをしっかりと振る事によってスベるボールが打ちたいので、しっかりとラケットを回して打つようにして下さい。言い換えるならば振り切りなさい❗️です。 

コートマジシャン
コートマジシャン

ラケットをしっかり振ると、相手に強気でプレーしていると思わせるから、良くミスをしてくれたり、真っ直ぐにしか返せない人もいるんだ❗️気持ちを表に見せるというのも凄く大切な事なんだよ❗️

 

深いボールと浅いボールで相手のバランスを崩してしまえ❗️

相手のバランスを崩すとはどういう事かというと、

・構えが遅くなったり早くなったりして、タイミングが合っていない

・止まって打つ事が出来ていない

この2種類になります❗️

上の図の赤色の丸の選手のポジショニングを良く見て下さい❗️深く打つべきか浅く打つべきかの選択を迫られた時にどちらの場合にどっちを使うかというのは言わなくても分かるかと思います❗️

左の図のポジションにいる時は、深くしっかり打つとロブは上がってきません❗️理由は簡単です。ベースライン付近にいて、深くボールが入るとロブを上げる時間やラケットを振る振り幅がないからです。ですが、右の図のポジションに相手がいると時間やラケットを振る振り幅は充分にあるので、いくら強気で打ったとしてもロブを上げて時間を稼ぐ事は可能になるでしょう😁

右の図の相手に対してはサービスライン付近に低いストロークやスライスを使って打ってみてください❗️慌てて走ってきた赤色の丸の選手は前にラケットを振る事しか出来ず、真っ直ぐ相手に返す事しか出来ません❗️

相手のポジションをしっかりと確認して、深いボールか浅いボールのどちらを使うか選択しましょう❗️

勝利への近道

ボールスピードが速くなると、ペアが動けないとか構えが遅くなるとか言う一般の方は沢山おられます❗️違うんです❗️相手を見ていないから、ボールを打たれた後に動き始めるんです❗️それじゃあ遅いんです。相手がボールを打ってから動き始めると、ほとんど間に合わないでしょう。なので、相手の仕草や動作、そして自分かペアが打ったボールの深さを見落とさないようにして下さい❗️ 

コートマジシャン
コートマジシャン

コートマジシャンコーチは、相手がテイクバックの動作をしている時に大体読み取れる事ができるよ❗️訓練が大事だから、試合とか練習をしながら相手の動作を良く読んでね❗️

 

以上でレッスン終了となります❗️お疲れ様でした❗️最後にまとめておきますので、良く読んで強気のプレーをして下さい❗️

ロブを上げさせない戦略

・ラケットをしっかりと振って、ハードヒット❗️

・相手の状態を見て、浅いボールと深いボールを使い分ける❗️

・強気な姿勢を忘れないように❗️

コートマジシャン
コートマジシャン

この記事が面白かったら下のブログランキングのクリックをしてね❗️


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました