戦術

前衛の打つコースが分からない?それなら最強のベーシックコースでムダなく狙え!

戦術

こんばんは❗️相変わらずの日々を過ごしている私です❗️😁仕事というのはなかなか大変なものですね😙全力で取り組む大切さを毎日味わっています😄

余談はさておき、今日は前回に引き続きダブルスでの基本的なコースの狙い方をレッスンしていきたいと思います😁この前、レッスン中にこんな事を言われました。

前衛の打つコースが全く分かりません❗️

こう言われると黙っちゃ居られないのが私です😄

コートマジシャン
コートマジシャン

任して下さい❗️説明しましょう😆

という流れになりました❗️という事で、ストレートケアをした時とポーチをした時のコースを説明していきたいと思います。それではレッスンスタート😁

ストレートケアをした時のコース

まずはストレートケアをした時の狙う場所を確認しておきましょう❗️女子ダブルスではほとんどないかもしれませんが、男子ダブルスでは絶対に有り得るシチュエーションです❗️ボールが急に飛んできたとしてもビックリせずに冷静に対処して行きましょう。

左の図から見て下さい❗️黒の矢印が相手の返球になります。ストレートを打たれたら、フォアハンドボレーでもバックハンドボレーでもセンターを狙いましょう❗️センターを狙ったら前衛は触らないと思いますが、後衛は走って取る可能性があります。それを考えておいて2段階目のポーチに出なければいけません😆それが右の図になります❗️ストレートケアをしたら、すぐにセンターへ移動してポーチをワイドに狙って打って下さい❗️ストレートケアの注意は1回で終わらないと言う事です。

・ストレートケアはセンターに必ず打つ❗️

・センターに打った後も返球される可能性が高い為、ポーチへ出る❗️

ポーチをした時のコース

ポーチをする時に1番見ないといけないのは前衛の立ち位置です。前衛が何処に立っているかによって、打つ場所を変えなければいけません❗️そこを注意して説明を読んで下さい。

ポーチの基本はセンターラインぐらいまで出る事です❗️センターラインを超えてポーチをするというシーンは少ないとは思いますので、センターラインぐらいでのポーチとなります❗️まず、必ず相手の前衛を見て下さい☺️2つの画像を見たらお分かりかと思いますが、前衛が後ろにいる時は角度をつけれるので、逆クロスにボレーをしましょう❗️相手の前衛が前にいる時は角度をつけてしまうと取られる可能性があるのでセンターに打つようにして下さい❗️

それと、ポーチを出る時には必ず約束事があります❗️それはしっかりと打つという事です。当てに行ってラケットを振っていない人がたまに居られます。しっかり強気で打ちましょう❗️

・相手の前衛を見て、打つコースをしっかりと決める。

・ラケットを振ってスピードのあるボールを打つ❗️

まとめ

以上でレッスン終了となります❗️お疲れ様でした😁簡単そうだし、頭で分かっていると思っている人も多いと思いますが、試合になってくるとこういう基礎的な事は忘れがちになるものです❗️1つでも頭に置いておくと、試合でのプレーが無駄のない動きに変わるでしょう❗️前衛の動きをする人は、フェイントを入れるのも大切な事です。相手を空いている部分に誘導出来るようになってくるとプレーヤーとしてのレベルも1段階上がるでしょう❗️コロナ禍でテニスをする回数が減っている方もおられると思いますが、是非試合でこの動作とコース配球が出来るように頑張って下さい😁

今日の記事が面白かったと思う人はいつも通りクリックをお願いします❗️


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました