ダブルスで狙うべきポイント

戦術

おはようございます。本当に久しぶりの投稿になりますね。

ここ1ヶ月はバタバタして更新が出来ませんでしたが、今日からまた少しずつ更新していければと思います。久しぶりの投稿内容はダブルスで狙うべきポイントについて説明しておきます。これさえしっかりと頭に入れておけば、試合の時にどこに打てば良いのかという悩みがなく良い展開(良い配球)が出来るはずです。頑張っていきましょう!

相手の正面にターゲットを置く

ダブルスで1番悩むべきポイントですね。どこにボールを持っていけば良いのかという質問を良く聞きますが、先に答えの図を見せておきましょう。ここにボールを打てば良いのです。

そうです。相手の正面にターゲットを置いておきます。右や左に相手のいないスペースを狙うのではなく、相手の正面が1番ミスが少ないのです。皆さんもお考えのように、相手はポーチに出てきたりコースを厳しく打とうと考えていると思います。こちらもそれを警戒しながらストロークやボレーをする為、知らないうちにコースが厳しくなってしまってサイドアウトやバックアウトが多くなってしまうのです。ならない方法は相手の正面を狙っていくようにする。言い換えると半面の真ん中を狙ってポイントを取りなさいという事になるのです。本当にチャンスボールが来た時はもちろん相手を外してコースを狙って行った方が良いですが、ラリーをしている最中は厳しいところにボールを持って行き過ぎないようにしましょう。

ポーチをしてくる相手にはロブを使っていく。

相手の正面を狙っていくというのはご理解頂けたとは思いますが、ポーチに絶対出てくるよね?とか言われる事はあります。そういう時はロブを使って行くことが大切です。

これが大切ですね。これも狙いは相手の正面で大丈夫です。深く打つような書き方をしているかもしれませんが、前衛さえ抜ければ大丈夫です。抜けなくても触らせるようなロブでも次のチャンスは訪れる可能性が高いのです。相手が強気でポーチをしてきて、チラチラと前衛が気になってきた時はロブを多く使ったり、ストレートアタックも効果的でしょう。私のイメージとしては、男子はストレートアタックで、女子はロブが多いかなと思います。

まとめ

今日はダブルスの時の狙うべき場所、ターゲットの置き方を説明させて頂きました。特に相手を見てプレーしている人は今日の話は非常に参考になると思います。半面の真ん中という言葉はダブルスにとってもシングルスにとってもキーワードになります。半面の真ん中を狙って配球をして、チャンスはしっかりとオープンスペースを狙って行く。このような配球が出来るように頑張ってください。

ダブルスで勝てるように頑張って行きましょう!

参考になった方はブログランキングのクリックしてね!

ランキングが上がらないかな〜??


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました