バックハンドハイボレーの先に・・・

戦術

こんばんは。やっと一息ついてブログを書く時間が出来ました。本当は毎日書きたいんだけど、忙しいという言い訳をしてしまってますね。高校生の引率に書類作業にと、本当にテニスコーチは体力がとても必要なお仕事だと思い知らされております。愚痴を言うならお金もあまりでお休みもあまり・・・という事が難点ですね。

こんな愚痴はさておき、今日は皆さんの疑問点バックハンドハイボレーのお話です。ブログを見てますよと言うお声を沢山頂いておりますので、ここで良い戦術話を持ってこようと思いました。それでは簡単ではありますが、お話していきましょう。

バックハンドハイボレーで返球する状況

まずはバックハンドハイボレーで返球する状況を考えていきましょう。今日は1番無難なストレートロブを上げられた時の対処としてバックハンドハイボレーを使ったらという状況です。

こういう状況ですね。この時に必ず確認しなければいけない事が2つあります。

1つ目は相手が後ろに下がりながらハイボレーをしているかどうかです。そのまま立ってボレーをしていたり、逆に前に入りながらボレーをしている場合はロブが失敗していると思って下さい。その時点である程度どこに打たれても相手のポイントになってしまうでしょう。理由はただ1つです。コースを制限して、「読む」事が出来ないからです。相手はどこにでも打つ事が可能でしょう。

2つ目は相手に余裕があるかどうかです。後ろにしっかりと下がって、ボールを越してから前に体重をかけて打ってくる選手は余裕のある選手です。逆にバタバタしてしまって足を上げて打ったり、当ててるだけで返球してくる選手は余裕がない選手です。これをロブの軌道で予測しなければいけません。この作業が1番難しいでしょう。

2つの状況をしっかりと把握していると、次の動きが素早くなるはずです。相手が打つ前にポジションを確保して、次の攻撃に備えるようにしていきましょう。

相手のハイボレーに対してのポジションと対処

ここが皆さんの1番聞きたい場所ではないかと思います。とりあえず図を確認して頂きましょう。この図を見て下さい。

赤色の矢印は余裕のある選手(特に男性選手)が打つコースです。黒色の矢印は女性選手の取り方です。特に女性選手は筋力もないと思いますので、ストレートに返球するか黒色の矢印のように浅いロブを返球してくるかのどちらかになるでしょう。

当然皆さんはお分かりだと思いますが、相手にバックハンドハイボレーを打たそうとロブを上げたチームの前衛は必ずセンターに寄って下さい。細かいポジションを説明するならば、手を伸ばしてラケットがセンターラインに届いている場所にポジションをとります。そして、サービスラインの1歩後ろに立って下さい。ロブを上げた人は図に記載されている通りにベースラインとサービスラインの真ん中まで行ってしまいましょう。ハイボレーの変球が速いと思ったら真ん中から少し後ろでも良いです。ハイボレーが遅いと思ったらもっと前にポジションを置いても良いです。

こういうポジションの取り方をすると次は必ず攻撃するチャンスが出来ます。それはセンターに持っていく形(センターセオリー)で攻撃するようにしましょう。

バックハンドハイボレーの先には・・・

さて、いかがでしたでしょうか。バックハンドハイボレーが有効打になる事はほとんどないでしょう。男子の場合はフラットで思いっきりバックハンドハイボレーを叩く事が出来る方もおられるとは思いますが、女性には難しいでしょう。

良いロブが入ったら次の攻撃方法を考えて、次のポジションに辿り着く。これが本当に大切です。戦術を知っている、知っていないは大きな差が生まれてきます、このポジションをマスターしてしまって、ロブを打った後に間髪入れずに攻撃出来るように頑張っていきましょう。

今日の記事が面白かったらクリックして下さい!頑張ってランキング上げたいと思います!


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました