落下地点によってのコースの予測

戦術

皆さん、遅くにこんばんは。日に日に忙しくなって書く時間が減ってきているのですが、出来る限り更新出来るように頑張っていきます。今日は1ポイントアドバイス的に話をしていきたいと思います。テーマの通り、落下地点によってコースはおおよそ決まっています。今からその確認をしていきましょう。ポーチやストレートケアなど、ダブルスの上手い選手はこの予測能力が身に付いているんだと思います。それでは見てみましょう。

まずは1番分かりやすい状況です。しっかりとボールを打って深く入った時、相手がボールの落下地点と近くなれば、ストレート方向(逆クロス方向)に流れます。速い球は相手も後ろの打点で取る事が多いです。しっかりと打った場合はストレートに来る可能性が高いのでストレートケアをしておきましょう。

これは簡単ですね。次は同じ落下地点でも相手が下がっている時です。

同じ落下地点に落ちたとしても、相手がボールから離れている場合はクロスへ打つ可能性が高いです。このクロスはアングルショットなどにも変化してきますので、無理にポーチに行かなくても良いでしょう。味方の後衛選手が次のボールをどこに打つか確認して、サッと次の行動に移せる様にしましょう。

凄く大切な事なので覚えておいて下さい。最後に浅いボールになってしまった場合です。

浅くなってしまったショットは相手もコートの中に入って打ってきます。この場合自分達のショットが低ければ低い程、こちらにとっては良い返球なのですが、適度な場所にボールが落ちバウンドしてしまい、相手の手元に行く可能性が高いのです。相手が色々仕掛けて来るかと思いますが、こういう時はまず様子見をしてくる選手が多いでしょう。その時には、クロス8割・ストレート2割で判断するようにして下さい。私ならクロスへ打たれるボールをポーチする可能性が高いです。是非、参考にして下さい。

今日は1つの簡単な状況を確認しながら説明しました。フォアハンドストロークをする部分に落下地点が近いか、近くないかで返球方法も変わってきます。以上で本日のレッスンは終了します。次回はバックハンドストロークも考えています。しっかりと相手の状況を把握して、素晴らしい予測能力を身につけるべきですね。

クリックしてね!↓↓


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました