フォアサイドのバックボレーの配球

戦術

皆さんお久しぶりです!最近はコーチのお仕事が忙しくてブログの更新が出来ませんでした。楽しみにして下さる方が居てくれて本当に嬉しく思います。頑張って更新していきたいと思います。さて今日はフォアサイドでアプローチを打った後のセンターボールの処理の方法を説明していきたいと思います。1番悩む場所でしかも難しいです。どうやったら上手くボールを配球出来るのかを勉強していきましょう。それではレッスンスタートです。

普通にクロスにボレーはしてはいけない


それではまずやってはいけない事から説明していきましょう。1番やってはいけない事は左の図のように、普通に返球してしまう事です。(黒の矢印)

これは相手にプレッシャーを与えるわけでもなく、相手に簡単に配球されてしまいます。2打目というのは凄く大切で、普通に返してしまうと赤色の矢印で書いたように、ロブをすぐに打たれてしまう事でしょう。特に女性の方にありがちですね。クロスに普通に返球してしまうというのはNGです。気をつけてください。

浅いところへわざと打ってみよう

普通に返すのがダメだったらどうしたらいいかという事で2つ対策があります。その1つ目がこれです。浅いクロスならいいのではないのかという事です。まず何故浅いクロスが良いのかというと、ロブの返球がないからです。慌てて走って来た人はロブを返すというよりかは何とかコートへと考えている人が多いでしょう。そういう人は直線的なボールのはずです。後ろに下がらなくても良いというのは非常にラッキーな事です。なので黒色の矢印のように浅く落としてみましょう。そうすると青色の矢印で記したように走って来て、赤色の丸ぐらいでボールを返球して来る事でしょう。センターには今ボールを浅く打った人がいるので、センターへの返球はないと思います。そこで、赤色の矢印で示したように両サイドどちらかへ返球してくる可能性が高いです。そこを2人で止めにかかります。青色の矢印で示したように、相手が打つ前に移動しておいてください。そうすると、相手に凄くプレッシャーがかかり、自分達がボールに触る前にミスしてくれる可能性もあるでしょう。

ストレート方向に勝負を仕掛けて早めの攻撃をしよう

先程の浅い所に配球するという方法と、もう1つはストレートへ勝負を挑んで、攻撃的スタイルでいくという事です。私はこちらの方法を良く使います。先程の浅い所に打つ方法も良いのですが、足が速い人と対戦すると簡単にコースを狙われる可能性が高いです。なので、黒い矢印で書いたように相手が低い所で触るようなショットをストレートへ持っていきます。この配球をした時に1番注意をしなければいけない事は、次の動きを必ず行う事です。上手くいったと思って動きを止めてしまうと赤色の矢印で示したコースへ返球されるとポイントを奪われてしまう可能性があります。赤色の矢印の方向にしか返球は来ないはずですから、ストレートへボールを打ったと同時に同じ方向へ移動して、赤い丸の部分からアングルへショットを打ってください。こうする事によって、確実にポイントを獲得できます。何故、赤色の方向にしか返球が返って来ないかというと理由は簡単です。距離が近いから、ビックリして真っ直ぐしか打てないのです。この事を知っているか、知っていないかで大きな差が出てきます。次の動きまで覚えておいて土壇場で使用出来る様にしておいてください。

まとめ

今日は細かいプレーを説明していきました。難しいプレーだとは思います。ほんの一瞬の出来事ですが、こういうプレーは1番大切な場面で突如やってくるものです。自分の中で戦略が頭に入っていると、その場その場での対処が凄く楽になるのではないかと思います。練習試合で思い描くプランを実行してみて、自分の力になるようにしていきましょう。様々な場面の状況を覚えて、頭の中の引き出しを増やすようにしてみてください!これでレッスンは終了します。次回も楽しみにしてくださいね。


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました