バックサイド側の戦術

戦術

こんにちは。久しぶりの更新になりますね。まだまだコロナ禍で身動きは取りづらいとは思いますが、ここで成果を上げておいて、今休んでいる人達と差をつけましょう。この前新聞で見ましたが、テニスはソーシャルディスタンスも取れていて、この時期の運動にはもってこいだそうです!皆さんもいっぱいテニスをして、ウイルスに負けないようにしましょう。


今日のテーマはバックサイド側の戦術です。試合の中で全員バックサイド側に入る事はあると思いますが、特にリターンサイドを選ぶ場合は攻撃力のある人がバックサイドを選ぶ方が良いでしょう。後に説明しますが、バックサイド側はロブが少ないんです。なので低くストロークを持っていける人は有利になってくるでしょう!それじゃあ、レッスンスタートです。

クロスラリーで勝てるようにしよう


さて、クロスラリーで勝てるようにしようというのはズバリ厳しいコースでラリーをしなさいという事です。特にバックハンドストロークでの差し合いになると1番良いですね。回り込みのフォアハンドストロークを使う人が最近は増えて来ているのですが、回り込みのフォアハンドストロークを使用するとどうしても自らオープンスペースを作ってしまう事があります。つまりセンターを空けてしまってペアにカバーしてもらう範囲が広くなってしまう可能性があるという事ですね。なので、バックハンドストロークのラリーを赤色の範囲に入れて勝負できるようにしましょう。相手が振り遅れたり、打ち損じるところまで我慢できるように頑張ってください。

ロブを上げてはいけない

バックサイド側でのロブは気をつけてください。見出しでは上げてはいけないと書きましたが、出来る限り上げないようにという意味です。ロブを上げる時は積極的なロブ、つまり攻撃的ロブの時のみです。理由はたった1つです。前衛が後ろに下りやすいのです。特にスピンロブならまだしも、スライスロブとなってくるとセンターにスマッシュを打たれる可能性が凄く高くなります。流石にダメですね。ポーチに出られないような高さでクロスラリーを徹底していきましょう。


ストレートのタイミングを見逃すな

この話が1番のキーポイントになると思います。どちらもクロスラリーがしっかりしてくると、クロスラリーでは勝負がつきません。そうなるとロブを上げてスマッシュを打たれるのを待つだけではダメでしょう。ここで大切なのが、ストレートアタックです。ストロークに余裕がある時にストレートアタックをすると、それは相手にバレています。どちらかというと、余裕がなく少し苦しくなってきた瞬間にストレートを打つ方が良いでしょう。相手は苦しくなってきた状況を確認してポーチに出ようと心待ちにしています。そこが相手の逆をつくチャンスになるのです。厳しいクロスラリーはどちらも苦しいですが、そこで勇気を振り絞って打ってください。
それか少しでもクロスラリーが浅くなった場合は思い切って前に出ていきましょう。アプローチショットで仕掛けていきます。アプローチショットとなると相手もポーチは出にくくなります。赤色の矢印のように打った方向に出ていき、相手が打ってきた次のショットが浮いてきた場合はすかさずストレートにアタックボレーをしてください。前に出るということは攻撃していきなさいという事です。もしローボレーになった場合は一度クロスへしっかりとボレーをするか、相手がポーチに来る動作が見れたらストレートへ打っても良いかと思います。バックサイド側はロブなどの立体の攻撃は使わずに平面の攻撃で勝負するようにしてください。

まとめ

フォアサイド側の戦術に比べるとバックサイド側の戦術はシンプルで簡単です。ですが、ショットの精度や安定度、そして強気な姿勢が大切となってきます。メンタル面も大きく必要となって来るでしょう。フォアサイドとバックサイドでは役割が大きく変わってきます。少しでも自分のスタイルに合った方を選ぶ方が良いでしょう。私は特にリターンダッシュを使います。バックサイドはリターンダッシュもしやすく攻撃しやすいので皆様もされてみてはいかがでしょうか?以上でレッスン終了です。また次回の記事をお楽しみに〜!


テニスランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました