ストロークの強化

フォーム
Illustration of a woman tennis player. All colors are separated in layers. Easy to edit. Black and white version (EPS10,JPEG) included.

おはようございます。相変わらずバタバタしております。今日は初心に帰ってストロークを打つ時の注意事項を説明したいと思います。私の意識するストロークとしては、スピードもありコントロールもあり、そしてボールの重さもある。そのようなストロークが打てればと考えています。ボールの飛ばし方とかもあるのですが、今日は細かいボディバランスを意識して、ボールの質の差をつけるようにしていきましょう。

スプリットステップをしっかりと踏む事

1番初歩なのですが、1番大切な動作です。両足を肩幅より少し広く取り、軽くヒザを曲げて、母趾球に体重を乗せて、カカトは上げておく姿勢。これを「スプリットステップ」と言います。どこにでも動き出せるニュートラルな状態から1番早く行動に移せて、地面を蹴ると1番速くボールに辿り着くことが出来る動作です。実は、この時のスタンスがストロークのスタンスに直結していきます。ラリー練習の時にこれをサボってしまう人が沢山いるのですが、これをサボってしまうと普通のラリーはできるのですが、試合になると反応が遅くなったり体重を乗せて打つ事ができなかったりとデメリットばかりになってしまいます。ラリー練習中は特に、スプリットステップを意識して、母趾球に体重を乗せて打つように心掛けていきましょう。

ラケットは立てて置くべき。テイクバックじゃなくて体をセット!

昔からラケットを引く動作をテイクバックと言います。テイクバックというと、ボールのバウンドに合わせてラケットを引いたり、先にラケットを引いてしまったりとバラバラになりがちですが、ラケットを引く動作は動き出す(ボールを追いかける時)に構えてしまうのが1番良いのです。なので、スプリットステップを踏んで、体をターンさせたその時にラケットを立てた状態でセットしてください。スプリットステップの時にラケットを持っていると思いますが、そのままで体をターンさせてセット完了です。そこから腰を使ってラケットを回すようにしてください。腰の溜めがしっかりと出来て、ボールをしっかりと運ぶ事が出来ます。

フォロースルーでリスト使ってボールを潰そう!

1番難しい所ですね。フォロースルーの時にまだボールを押し返すという概念を持っている方が多いと思いますが、それは間違いです。インパクト(ボールとラケットが当たる場所)からボールの速度、高さ、回転によってリストを柔らかく使ってボールを潰しましょう。

潰すという表現をすると一般の女性の方とかはそれは無理なんじゃないという方もおられますが、振り切るという動作は同じなので潰すようなイメージで良いです。特に意識して欲しいのは低いボールと、ネットと同じぐらいの高さのボールです。この辺りのボールをリストを使うとなったらどうしてもボールにラケットを被せてスピン系のボールを多用しがちになってきます。それではネットミスの数が多くなってしまうのです。感覚としては、ボールの後ろから真っ直ぐ当てた後にリストを使ってラケットを被せるような感じです。少し返すのは遅いぐらいでも良いかと思います。そうすると、高さの調節ができるのと同時に深くて勢いのあるボールが打てるようになるのです。

ラケットにボールを乗せるようにとか、押し返すという表現の時代はもう終わりました。今の時代はリストをしっかりと使い、ボールを潰すという事を覚えておきましょう。

まとめ

良いストロークを打つ選手は無駄がありません。特に動きの無駄が少ないのです。なので動作が単純化されてきます。


スプリットステップ→セット(テイクバック)→ボールの落下地点に速く辿り着きストップ→腰の回転を使い、リストを使ってフィニッシュ


このような一連の動作になります。この形をその都度出来る様になってくると、ストロークは体力が続く限り、良いショットを打ち続ける事が出来るでしょう。3つの事を意識しながら、動作をシンプルにして、ミスショットがなく力強いプレーが出来るようにしましょう。


今日のポイントです。

↓↓↓

・スプリットステップをしっかりと踏む

・ラケットは立てて、テイクバックではなくセットをしよう

・フォロースルーでリストを使ってボールを潰そう




今日のブログが面白かったらクリックお願いします!


テニスランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました