リターン後のポジショニング

戦術

こんばんは。お久しぶりです。コロナの状況は一向に変化がありませんね。テニスは外でやるスポーツだから影響は少ないとは思いますが、皆様はテニス漬けの毎日を過ごしていますでしょうか?

今日はがっつりと戦術の話をしていきましょう。今日はリターン後のポジショニングです。特にリターンダッシュをしたりする時の強打の時にお互いが動きを理解してると次の攻撃でポイントを取得出来る可能性が高いです。相手の返球コースを良く考えてプレーしていきましょう。それではレッスンスタートです。

リターンは強気で振る!(リターンダッシュするイメージで)

まずポジショニングを説明する前に、リターンは強気で振らないといけません。強気で振るというのは言い方を変えるとラケットを振り切りなさいという事です。ラケットヘッドをしっかりと返してきて、ボールを潰してしまうようなイメージでスイングしなければいけません。

リターンダッシュをするイメージでという表題の表現の意味は、リターンダッシュをしようとすると打点も前になって強く振ろうとするからです。リターンが上手くいかない人はリターンダッシュのイメージでスイングすると良いでしょう。ロブのようなショットではなくて、速くてバウンドしたら低く滑るボールをイメージして下さい。


相手がコートの外に出たら外を守れ!

クロスの良いショットが入った時に相手の返球はどうなるのかというと、このような返球になります。




フォアサイドとバックサイドの両方を載せてみました。黒い矢印がリターンが1バウンドするまで、赤い矢印が1バウンド後の軌道です。相手の返球コースは青色の矢印になります。この青色矢印の2択を守らなければいけないんです。センターに移動しているそこのあなたは注意が必要ですよ。

センターに移動してはいけません!!!!



このようにサイドとサイドをケアして下さい。センターはど真ん中に来る時は稀にありますが、基本はどちらかのサイドにズレるはずです。そうなると手を伸ばせば届くはずなのでしっかりと抑えるようにしましょう。外に振ったら外をケア。基本中の基本動作です。

2打目はセンターとストレートでオープンスペースを狙え!

勝負はこの次のボールですね。これで決着が着きます。外に振られたボールをしっかりとセンターやストレートのオープンスペースに狙えないとこの作戦の意味がありません。つまりこういう事です。


このように相手を外に振った場合、相手がストレートに打ってきたらセンターへ返球をして、クロスへ相手が返球してきたらストレートに返球します。そうすると、ポイント取得は間違い無いでしょう。ボールがネットより低くても、高くてもそこに運べる技術を身につける為に、諦めずに打つ練習をして下さい。そうすると、難しいボールもそのコースへボールを運ぶ事が出来るでしょう。


以上いかがでしたでしょうか?以前もレッスンした事はありますが、今日はじっくりと中の中まで話しました。テニスの返球場所はおおよそ決まっています。そのシステムに辿り着けるかどうかがテニスの上手い下手の分かれ道です。上手い選手と言われるより、強い選手と言われるように頑張ってみて下さい!それじゃあ、また次回のレッスンで会いましょう〜!



この記事が面白かったらクリックお願いします!

↓↓↓


テニスランキング–>

コメント

タイトルとURLをコピーしました