前衛の移動の仕方(攻撃の時)

戦術

おはようございます。久しぶりの更新となります。素晴らしい晴れが続いてますね。こういう時は気持ちが凄く清々しくなります。さて、今日は前衛の移動の仕方を考えましょう。昨日こんな話をされました。

コートマジシャン質問!前衛の動きが全く分からなくて、どうやって詰めたら良いのか分からない。いつ仕掛けたらいいの?ポーチに行ったらいいの?教えて!!

はい!任せなさい。今日はコートマジシャンがしっかりと教えましょう。良く考えてプレーすると見えてくるものです。コツはただ1つ、相手の気持ちになって考える事です。思いやりではなく、相手だったらどこに打つかを考えます。分かりにくかったら、自分が相手の場所に立った時にどこを狙いたいと思うかって考えると自然とコースは見えてくるでしょう。今日はそれをイメージしながら説明していきたいと思います。

それじゃあ、レッスンスタートです。

はい。こうやってペアが攻撃をした時に前衛がしっかりとしたポジショニングを取る事によって、戦い方がグッと良くなります。ペアも楽になるはずです。では、この場面での移動はどうしたらいいかを説明していきましょう。

しっかりと打ったボールが赤色の丸に落下すると相手の返球コースと範囲はこのような形になります。スピードや深さがあればあるほど、ストレートに打たれる割合が多くなりますね。前衛としてはポーチよりもストレートを抜かれてしまっては1番困るわけです。なので、前衛はペアが打った方向に動いてストレートケアを最優先しましょう。ペアの打った方向に詰めるというのは絶対です。忘れないようにしてください。

それは分かったけど、ロブケアは誰がするの?

これは凄く悩みが多い質問なんですが、実際は前衛が取れるならば取りたい場所です。しかも、バックハンドハイボレーではなく、スマッシュで取らないといけないんです。バックハンドハイボレーになるぐらいなら後衛にいる選手に任せてストロークでロブを上げ返すかハードヒットしてもらった方が得策でしょう。

次はセンターにペアが打った時の移動です。

センターに打った場合は同じく、ペアが打った方向に詰めますがポーチが出やすいかと思います。逆クロスはなかなか厳しいコースに持っていくのは不可能です(ショートクロス等)。なのでペアのボールが深く入ったりとか、スピードが速かったりした場合はすかさずポーチに出てください。相手は振り遅れて逆クロスにしか返球出来ないはずです。ボールが浅くなってきた時は注意してください。ストレートのパッシングショットを打ってくる事が増えてきます。ストレートを止めないと、相手は勢いづいてドンドンストレートを打ってくるでしょう。そうならないように、ペアのボールが浅くなったらストレートケアをする事。返せなくても触るだけで効果はあります。しっかりと相手のボールを止めにかかりましょう。

以上で本日のレッスンは終了です。どうでしたか?ペアが攻めた時の動き方は分かりましたでしょうか?ちなみにですが、自分が後衛にいる時もこのような事をイメージして配球をしてあげると味方は動きやすいんですよ!自分で好きなところ、好きなコースに打つのではなく周りの状況を確認して、苦手なコースでもしっかりと狙えるようにしていきましょう。最後に本日のおさらいです。これだけは覚えておいてください。

・後衛が打った方向に前衛も詰めていく。

・ストレートケアが基本。相手に抜かれない取り組みを!

・自分ならどこに打つか、相手の心境に立ってプレーをしていく。雰囲気を読み取る事。

この3つを忘れずに頑張ってくださいね!

皆様、いつもご覧頂きありがとうございます。見て下さる方が非常に多くて、コートマジシャンも嬉しく思います。同じ事を繰り返す事が多いかもしれませんが、テニスは反復練習や復習する事で成長します。是非、ブログを読んで強くなってください。このブログが良かったと思う方は下のブログランキングのクリックお願いします。今月はクリスマスバージョンです。

↓↓↓


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました