継続は力なり

戦術

こんばんは。夜遅くに目が覚めてブログを書いています。最近は自分自身がテニスをする機会が増えて、少し嬉しい毎日を過ごしています。コロナの第3波が押し寄せて来てますね。警戒しないといけませんが、テニスは出来ている状態です。テニスで日頃のストレスを発散していきましょう。今日のブログのテーマは継続は力なりです。一生懸命頑張っていると必ず報われるという事ですね。その事について一緒に考えていきましょう。

それじゃあ、レッスンスタートです。

メンタルが強くなるから毎日、毎週の積み重ねを忘れないように。

1番肝心な場面で、どうしても心が弱くなる人っていますよね?あれは私の事なんです。私も昔は心が本当に弱くて1番肝心な所でスイング出来なくて負けてしまった事がたくさんありました。苦しい時や辛い時にこそ練習をしてきたという自信が、メンタルの強さへと変化を遂げます。私も練習を毎日頑張ったという思いが、1番肝心な場面で力となりました。緊張はしていますが、緊張をしているなりに強気なプレーが出来る事が多いです。練習をしていない場合は、1番大切な場面で迷いが出るでしょう。頭の中で色々な事を考えてしまって、マイナスな思いしか残らなくなります。・・・嫌ですよね?毎日、毎週の積み重ねはメンタル強化に繋がります。強気になれるまで取り組んでいきましょう。

諦めない気持ちはここから来ている。

しつこいプレーって本当に戦ってると嫌になりますよね。ポイントをやっと取ったとしてもすぐに返されたり、長いラリーをされたりと困る方は本当にしつこいテニスにイライラを覚えてしまったりするかもしれません。でも、そのしつこさや執念はどこから来るかというと、日々の頑張りですよね。「自分はこれだけやってきた。」「私もこれだけ頑張ってきた。」こう思える人は本当に諦めない強い心を持っています。何があっても負ける事が許されない気持ちが備わっていますね。ど根性とはここから来たのでしょうか。これもメンタル強化にはなりますが、相手から嫌がられるプレーが出来るようになるでしょう。

私生活にも変化があるかも!?

一生懸命の努力の積み重ねが出来る方は、私生活にもきっと変化が出てきてると思います。学生ならば、勉強をする時間が増えたとか、集中力を切らさずに勉強したとか。社会人ならば、何を言われても我慢強くプラス思考で仕事に取り組める姿勢を作れるようになったなど、私生活にも変化が出てくると思います。努力をしていない選手は、私生活もきっとダメだと私は考えています。テニスで愚痴を言いながらプレーをしている人は、私生活でも愚痴を言いっ放しだったり、テニスで集中力が切れてグダグダプレーする選手は私生活でもグダグダしてしまっていると思います。私の中でですが、テニスと私生活はイコールの部分が多いです。毎日の努力で私生活も正しき生活を過ごす事が出来るでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?継続は力なりという言葉は本当に努力家にとっては素晴らしい言葉で、頑張れば頑張る程、力が身に付いていくのがよく分かるでしょう。筋力も感覚もやらなければ、落ちて行くしかありません。私も全く打っていないと感覚がなくなってしまって上手くボールを打ち返す事や試合が出来ません。題名にもあるように、「継続は力なり」これを頭に置いておいて日々プレーしてほしいなと思っています。1人1人が強い思いと心を持って頑張ってください。応援してます。

このブログが良いなと思った人は下のブログランキングのボタンをクリックお願いします!

↓↓↓


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました