センターロブを上手く使え

戦術

おはようございます。出張を終えて、帰宅したコートマジシャンです。最近はブログを書きながらウトウトしている事が多く、出張先ではパソコンに手を置いたまま寝ていました笑 少しでも何か参考になる事がお届け出来ればと思います。さて、今日はあまり使わないとは思いますが、センターロブを使ったプレーをお話ししていこうと思います。特にフォアサイド側が良く使う事になりますので、フォアサイド側でセンターロブを上げた時のお話をしていきます。

それじゃあ、レッスンスタートです。

絵としては見にくいかもしれませんが、このような感じですね。フォアハンドストロークかバックハンドストロークでロブを上げた場合です。まず、相手の前衛はポーチがありませんね。なので、後衛1人対こちらは2人で勝負出来るようにしましょう。まずはこの後のポジションングを考える前に相手の返球コースを確認しておきましょう。

まずは相手がノーバウンドで打った場合です。角度はこのような感じですね。人によって、得意・不得意はありますが、バックハンドでも、左利きのフォアハンドでもそこまで角度はつかないと思います。前衛の方向へは角度がつく可能性が高いので、前衛に立っている人は黒色の矢印の方向へ移動してください。後衛に立っている人はセンターに7割の意識を、ワイドに3割の意識を置いてください。これでしっかりと守れるでしょう。

そして、相手が1バウンドさせて打った場合はロブの返球が多くなってくると思います。特に女子ダブルスは100%に近い確率で上がって来ます。なので前衛は真後ろのロブケアを、後衛は前進していくという形が1番良いですね。ですがロブが非常に良い場合は、後衛がカバーに回るというのも1つの作戦です。どちらにせよ、ロブケアを中心に考えて行動に移せるようにしてください。

最後に返球場所になりますが、返球場所はここに打つのがセオリーでしょう。

相手がボールを落としたにせよ、ノーバウンドで打ったにせよ、空いている場所はチェンジでもしない限り1箇所です。相手がバランスを崩している場所へ打ち込んでいくのが1番良いです。キーワードは打ち込んでです。ゆっくりなショットだと相手に戻る時間を与えてしまいますので、相手に戻る時間を与えないようにしてみてください。

如何でしたでしょうか?恐らく図で見ると理解出来る部分が多いとは思いますが、実践で行ってくださいと言われると、なかなか前に行けない事が多いです。強気になる事が少ないようでは、テニスは上手くはなりますが、強くはなれません。是非、周りからも強い選手になったねと言われるように頑張ってみてください。

私も眠気に負けないようにブログ更新していきますので、今後も宜しくお願い致します。

この記事が面白いと思ったらブログランキングのボタンのクリックをお願いします。

↓↓↓


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました