フォーム

試合中の緊張の解し方

フォーム

こんばんは。現在、コートの魔術師は遠征に来ております。試合を沢山していて、レベルの高いラリーが行われているのを見て感動しております。そんな中、今日はガチガチに緊張している選手を見ました。どんなプレーをするのかなとドキドキしながら見ていたのですが、緊張は解ける事なくラケットが振れずに負けてしまいました。私の中で凄く心が痛いというか締め付けられるというか・・・。あの方の気持ちになるとと考えると悔やまれる試合だったなと感じました。

なので、今日は試合中の緊張の解し方を説明しておきましょう。この方法で緊張が解けて、緊張感0です!っていう事にはなりませんが、少しは解れてくるとは思います。ガチガチになるよりかは行動に移して自分の力を少しでも出せるように頑張っていきましょう。

それでは、レッスンスタートです。

皆さんは緊張した時に緊張を解す独自の方法がありますか?ルーティンがある方は何かしら仕草や動作で緩和しているかもしれませんね。今日は誰でも実践したら緊張が少しは解れる方法を説明していきます。

まず1つ目は声を出しながら打つです。もう少し言い換えると息を吐きながら打つです。息を吐く事によって、上半身の力が抜けて身体がスムーズに動くことがあります。ただ、息を吐くだけだと、躊躇してしまってあまり息を吐かずに打ったりしてしまい、解れない事が多いです。ここで普段楽しくテニスをやっている時の事を思い出してください。ほとんどの方が声を出したり、笑いながらテニスをしている事が多いのではないかと思います。あの状況に結びつける為には、自分で無理やり声を出すというのが1つの行動です。お腹の底から大きな声を出しながらボールを打つと身体の力が抜けて、動きが軽くなる事が多いです。この声を出すというのは本当に効果があるので、是非行ってみてください。

2つ目は素振りをするという事です。これはサーブ、リターンといった始まりのプレーでしか効果はありませんが、3回程しっかりと素振りをしてサーブやリターンをする事によって、イメージが残ったまま打つ事が出来ます。何もしない状態で入るよりはしっかりとラケットが振れると思います。ですが、人はプライドが高く容姿を気にする方は沢山います。中には素振りがダサいという方もいるでしょう。ですが、この動作をする事によって、精度が上がり試合に勝つ事ができるとなると、プライドを少しでも削って素振りをした方が勝てる確率が高くなります。自分のプライドを捨てろとは言いませんが、少し削って試合に勝つ取り組みが出来る様にしましょう。

今日は2つ載せました。自分で独自の方法がある場合は大丈夫ですが、もし方法がわからなくなったり、独自の方法を持っていない方はこの2つの動作をしっかりと行ってください。試合の時に緊張が解れて、良いプレーが戻ってくるかもしれません。呼吸と予習はとても大切な事です。実践で行ってみてください。

緊張を解して良いプレーが出来るように頑張っていきましょう!

このブログが良いと思った方は下のブログランキングアイコンをクリックお願いします。

↓↓↓


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました