戦術

ストレート雁行になった時の対処

戦術

おはようございます。相変わらず忙しい毎日を過ごしております。皆様に良い戦術や記事を届けれるように頑張っていきますので、宜しくお願い致します。さて今日はストレート雁行対決になった時にどこに打てばいいかというのを勉強していきましょう。すぐにロブを上げてしまったり、端っこを狙い過ぎてミスをしてしまったりと苦しい状況に自らしていないでしょうか?そうならないように、今日はストレート雁行になった時にやるべき事を頭に思い描いておいて、いつでも頭の引き出しから出せるようにしておきましょう!それでは、レッスンスタートです。

このような状態ですね。ストレート雁行はバックサイド側よりもフォアサイド側のリターンがロブを上げた状態からの方が多いシチュエーションとなりますので、今日はこちらのみで説明させて頂きます。

後衛はどこを狙えばいいのかというのを図で説明していきましょう。

基本は相手の正面かセンターですね。ここを狙って少し我慢強くラリーするのが良いと私は思うのですが、やはりポーチが気になる方が多いようですね。フォアハンドストロークで赤色の矢印方向のワイドを狙う方が多いみたいです。これは1番やってはいけないコースなんです。サイドアウトとバックアウトが格段に増えます。相手にポーチをされてもセンターか自分の正面かのどちらかに入ってくるはずなので、焦らずゆっくりラリーをするのが良いでしょう。ワイドを狙っても良い場合はこのような時です。

バックハンドストロークで打てるセンターボールが来た場合はワイド方向は正解なので、狙ってもらっても良いです。その時の状況をしっかりと判断して攻撃出来るようにしていきましょう。ロブを上げるタイミングとしては、このように前衛が前に詰めて来てクロスの後ろがガラ空きになった瞬間が狙い目です。出来るならば、しっかりとラリーをしているタイミングで狙うと1番良いでしょう。ロブ対ロブでストレートラリーをしているタイミングでクロスロブを上げてしまうと、前衛がポジションを下げている可能性があります。そうなるとスマッシュの餌食になってしまうので直線のラリーをしている中で、曲線のロブを上げれるようにしましょう。

さて、如何だったでしょうか。男性はロブを上げた後は前に詰めて並行陣を取る事が多いのでこのシチュエーションは少ないかもしれませんが、女性はストレートラリー展開は良くあると思います。どんなシチュエーションになったとしても焦らず相手のポジショニングや相手の技術・戦略を分析して、それに応じた対処方法をしなければいけません。テニスのラリーの時間は凄く短いです。ですが、事前に思い浮かべているのと思い描かずにがむしゃらに勝負するとでは全然違います。自分の状況をしっかりと見据えて落ち着いたプレーができるように頑張っていきましょう。それでは、今日も1日張り切って頑張りましょう!!

この記事が面白かったという方はブログランキングのクリックをお願い致します。

↓↓↓


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました