テニスは打つ方がいい?守る方がいい?

戦術

こんばんは。何日かぶりに更新します。最近バタバタで全く更新出来ずごめんなさい!マジシャンなりに頑張っているので許してください。さて、今日はテニスは打つ方がいいのか守った方がいいのかという説明をしていきましょう。まあ、この議題については絶対に意見が分かれるところですね。コーチ達でも分かれる話だと思います。なので今回についてはレッスンというより私の考えをまとめて書いたブログだと思ってください。1つでも何か参考になればと思って書かせて頂きます。温かく優しい目でこのブログを読んでください。それではいってみましょう。

積極的な思考を常に保つ為にも打った方がいい

いきなり私の結果からお話しをさせて頂くのですが、テニスは絶対に打った方が良いですし楽しいです。全員がそうではないという事は皆さんお分かりだとは思いますが、7割・8割が打った方がテニスをしていると感じるとか楽しいというでしょう。それに見出しにもあるように積極的な思考を維持できるのは確実に攻めている時です。1回でも後ろに下がり始めたりすると、消極的になり打てなくなったりします。常に攻めて攻撃状態を維持する事によって、頭の中もプラス思考になっていく事間違いなしです。

どうして守ってはいけないの?

守ってはいけないという表現になってしまうとこれは不正解です。守ってはいけないというわけではなく、守りをし続けてしまうとという表現が正解になります。2ゲームずっとロブを上げていたり、ラケットを振れずにラリーしたりすると必ず相手につけ込まれます。相手のミス待ちでプレーをするのは中学生まででしょう。高校生から大人になってくると、攻撃こそ最大の防御!そういうイメージでプレーして欲しいです。ディフェンスシーンになってしまう時は必ずありますが、ほとんどがオフェンス状態になるようにして欲しいです。割合い的には、攻めが7割で守りが3割といったところでしょうか。この比率を守りながらゲームを進めて行って欲しいです。

ディフェンスが好きなんだけど、オフェンスのテニスにした方がいい?

これが一番難しい質問になってきますね。私としてはですが、オフェンスに変えれるならば変えた方がいいです。ですが、オフェンスに変えてしまって調子が凄く悪くなって戻れないという方も多く見てきています。なので、ディフェンスをしている方が大好きという場合はそれも良いのではないかと私は思います。テニスも十人十色です。様々なプレースタイルがあるからテニスは楽しいのです。ディフェンス重視の選手がいてもおかしくはありません。私はオフェンスを覚えて欲しいと強く思っています。

オフェンスの秘訣は?

最後ですが、オフェンスの秘訣はズバリネットを取れ!(ボレーに出ろ!)だと私は思います。積極的に攻めていくと、いつかは身体が自然と前に出てしまうのです。なので、攻撃!攻撃!攻撃!としていると必然的にネットプレーに出る事になるでしょう。積極的プレー+ネットに出る=オフェンスのプレー だと私は思います。打点を落とさずに、強気で打ち込むというのが勝利の秘訣ではないかと私は思います。ネットプレーでポイントを獲得する回数を増やしましょう!

まとめ

如何だったでしょうか。そうじゃない!と思われる方は必ずおられます。それはコーチと同じで、合う合わないの世界です。ですが、私はプロの試合や一般の方の試合を見て、絶対に攻めた方がいいと確信を得ています。ネットプレーに辿り着くというのは凄く勇気が入ります。ですが、それが出来た選手は本当に強いです。

オフェンスはミスも多くなるし、不安な時は絶対にやってきます。ですが、テニスをする以上は全て安定してポイントを取れるというのは一切ありません。勇気を出して、リスクを覚悟の上、強気でプレーしていきましょう。

この記事が面白いな!いいな!と思った方はブログランキングのクリックお願いします(>人<;)

↓↓↓


テニスランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました