外を狙うか内を狙うか・・・

戦術

おはようございます。今日は高校生の試合の引率に来ているコートの魔術師です。

今日は良い天気ですね。絶好のテニス日和です。

少しずつ戦術は覚えてきたでしょうか。自分の打ったボールや、相手の行動(動作)によって色んな事が見えてくるはずです。自分自身で覚えた事を感じ取ってそれを活かせるようにしていきましょう。

さて、今日はダブルスで並行陣になった時に、クロスにボールを打ち返した場合、どの部分に打ち返した方がいいかという事について説明していきたいと思います。この文章だけでは何だろうと思うでしょう。なので、図を見ながら説明していきましょう。それじゃあ、レッスンスタートです。

こういう状況になった時にどの部分に打てばいいかというのを今日は説明していきたいと思います。ここで、皆さんは考えてください。ズバリ、どこでしょう?

①ワイド   ②センター   ③ボディ

大きくこの3つですね。今回はストレートやストレートロブという選択肢はなしです。クロスラリーの展開でどうするのかという話なので、狙うところを明確にしていきましょう。

ワイドを狙った場合

まず確認しておきたいのは、こういう考えを持つ時には必ず相手視点で考えなければいけません。相手の返球はどうなるのかというのを見ていきましょう。

黒い矢印が低いボールを打った場合(ローボレーをした場合)で、赤い矢印が高いボールを打った場合(ハイボレーをした場合)です。どちらもコースを制限する事は難しそうです。相手が苦手だと思って狙う時もあると思いますが、返球コースを考えると次の攻撃に移る前に受けに回らないといけないです。沢山コースを狙える状況というのはあまり良くありませんので、ワイドは狙う回数を減らした方がいいかと思います。

センターを狙った場合

センターを狙った場合の画像を見てみましょう。

先程と同じく、黒い矢印が低いボールを打った場合(ローボレーをした場合)で、赤い矢印が高いボールを打った場合(ハイボレーをした場合)です。少し見にくいですが、先程よりも後衛側にボールが集まる事は見てわかります。ですが、センターに配球する前に相手の前衛にポーチに出られる確率が一気に上がります。なので、このシナリオになるかといえば、難しいでしょう。センターを狙う時は前衛が後ろに下がっている時が一番良いかもしれません。

ボディを狙った場合

ボディを狙った場合はこうなります。コートの魔術師はこれが一番お勧めだと思います。

矢印の範囲だけを見ると広いように見えますが、右利き相手の場合ですが、ボディに打った場合は回り込む方向に寄ります。バックで返球された場合はこちらの後衛側の矢印へ、フォアで返球された場合はこちらの前衛側にボールが集まります。判断しやすいですね。そして一番相手の動きがあります。回り込まないといけないので、体が絶対にブレるのです。そうなると矢印方向へのオーバーのミスが多くなります。そうなってくると返球場所はフォアハンドで回り込まれても、バックハンドに回り込まれても青色の矢印に飛んで来るでしょう。こちらの打ったスピードが速ければ速いほど、低ければ低い程効果はあります。自分の手元に戻ってくるようにボディを狙ってみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。3箇所の打つコースはどれも不正解ではありません。確率の問題になってきます。その場その場で状況は変わります。相手によって、得意不得意も出てきます。ですが、一番共通して狙って行ける場所はやっぱりボディではないかと私は感じるのです。

ここからは皆さんが実感してプレーで身につけていかないと分からない部分です。2人で協力してポイントを取得出来るように、まずはアシスト出来るプレーを身につけましょう。

この記事が面白いと思った方はブログランキングをクリックしてください。

お願いします(>人<;)

↓↓↓


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました