ショットを打つ時の注意点

フォーム

おはようございます。今日の朝は雨だと思っていて、ランニングをサボってしまったコートの魔術師です。日課というのは意外に大切ですね。生活のリズムが少し崩れているような気がします。しかし、肋骨にヒビが入っていたのですが完治し、身体は健康体になりました。今日はショットを打つ時の注意点です。ボレーでもストロークでも、ボールをしっかりと打つ時は注意する点が似ています。今日はその注意点をしっかりと理解して、出来る限りボールを打つ時に注意点を行動に移せるようにしていきましょう。それではレッスンスタートです。

必ずボールの後ろに入ってからスイングをする

ボールを打つ時に動きながらスイングをしたり、ボールの横に入ってラケットを振る人って結構多いと思います。体重の移動がしっかりと出来ていない証拠ですね。ボールを打つ時は必ずボールの後ろに入らなければいけません。打つ方向に体重を乗せる事によって、重たいボールも打てる事になります。バランスを崩さないように注意してください。

スタンスを広く取ろう

スタンスは狭すぎても、広く取りすぎてもいけません。自分の中で軽く膝を曲げてずしっと腰を落とせる広さがいいでしょう。そこから必ず身体のターンがしっかり出来ること(体幹が使える事)が大切です。自分の身体のバランスを良く理解するようにしましょう。

ラケットはしっかりと振ろう

これは特に女性の方に多いのですが、ラケットを振るという表現よりはラケットの先端(ラケットヘッド)をしっかりと動かすという表現の方が正しいかもしれません。腕を凄く動かしたり、身体をしっかりと回して打っている人は良く見るのですが、はっきり言うと身体の動作が連動していないので結論は手打ちになっています。ラケットヘッドを速く動かす事によって、身体とラケットの振りを連動させ、遠心力でボールを打つ事になります。これが凄く大切です。特にサポーターをつけているそこのあなた!!注意が必要ですよ。手首に力を入れたまま打ったりしていると手首に凄く負担が掛かってしまっている為、大怪我になる可能性もあります。くれぐれも握る力は3割ぐらいで、スイングスピードを上げる取り組みをしてください。

まとめ

今日はショットを打つ為の基礎知識を書きました。上手くコントロールができなかったり、ボールのスピードが出ない方はこの何処かに原因はあると思います。テニスのショットに関しては、自分を良く知り、良く理解する事が大切です。自分の打ったボールの回転・軌道・スピードの把握、身体のバランス・足の運び方・スタンス・・・。このあたりを意識して、行動とイメージが一緒になる回数が増えてくると自分が想像した通りのボールが打てるようになってくるでしょう。上手くいかない時もあるとは思いますが、最後までやりきる事が大切です!諦めずに頑張ってください。


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました