戦術

ロブの使い方

戦術

おはようございます。今日も朝から歯医者に行き、前歯を治療されて朝からせっせと書類作成に追われているコートの魔術師です。だいぶん寒くなってきましたね。しかし、お昼になると何故かびっくりするくらい暑くなります。皆様、風邪を引かないようにしてください。

さて、今日はダブルスでのロブの使い方についてのお勉強です。そこまで難しくはないですが、テニスにおいて想像(イメージ)とは凄く大切な事です。ロブをどのように使えばいいのか、どこに打てばいいのかなど、基礎的な知識ではありますが話をしていきましょう。それでは、レッスンスタートです。

ストレートロブを上手く使え

題材にも書きましたが、ダブルスにおいてロブといえばやっぱりストレートロブが効果的です。二言目には、ロブを上げましょうと各コーチ達も言っているでしょう。では、ストレートロブはどこに打てばいいでしょうか。

ロブのイメージはこのような感じですね。スライスロブが基本となりますが、余裕がある場合や攻めていこうと考えている時は積極的なスピンロブになります。じゃあ、狙う場所はというと・・・

黒い丸の部分に落下地点を持ってくる方が多いと思いますが、これは間違いです。この深さを意識してロブを上げている人はほとんどの確率でバックアウトしてしまいます。ロブは相手に触らせても全く問題はありません。ですが、スマッシュとなると返球が大変難しくなるので、出来る限り相手のバックハンドハイボレーの部分を狙うようにしましょう。縦の赤い丸がイメージすべき落下地点です。深さよりも高さをしっかりと取り、相手のミスを誘えるように工夫しましょう。

バックサイド側はセンターロブを使え

バックサイド側でロブを上げる時もストレートロブを上げないとと思って、相手のフォアハンド側(スマッシュを打たれる場所)に上げてしまう方がいます。これはちょっと待ったです!確かにストレートロブという発想は凄く良い発想なんですが、相手にスマッシュを打たれるならばそこには打たない方がいいに決まっています。それならばバックハンドハイボレーをあえて打たせてあげると、次の攻撃がしやすいのではないかと思います。

画像を少し大きくしておきます。センターの赤い丸はロブの落下地点です。そこにボールを持っていくと前衛が動き、バックハンドハイボレーになります。後ろに下がりながらのバックハンドハイボレーになるので、次のボールは男性ならば打ってくる可能性もあるかと思いますが、女性なら絶対にボールは浮いてくると確信しています。その浮いてきたボールを叩いて勝負してください。ここまでが見えてこないとこの展開は難しいでしょう。

本日のまとめ

ロブは逃げのロブを使っている人が多いですが、逃げのロブは良いとは言えません。ですが、前に入って強気のロブを上げる選手は必ず勝利を手にする事が出来ます。何事も弱気になってプレーしてはいけません。いつどんな時も自分と戦う事はもちろんですが、相手と戦わないと話が始まりません。常に強気になる事と、自分の調子を気にする時間があるならば、相手のプレーを分析する時間に変更した方が緊張も和らぐのではないかと思います。是非、ロブを上手く使ってポイントをきっちりと取得してください。

ちなみに今回は右利き2人と戦った時です。左手の相手と戦う時は、方法は同じですが、右利きと左利きで真逆になりますので間違えないように注意してください。キーポイントは相手のバックハンドハイボレーです。是非、良いプレーが出来るように期待しています。

このブログが面白かったという人は評価お願いします。ブログランキングクリックしてね!

↓↓↓


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました