相手に並行陣を取られた時の作戦

戦術

おはようございます。今日は晴れると思ったのに朝は少し雨が降っていますね。昨日ちょっと不快な事があったので愚痴らせてください笑

朝、LINEを送る相手を間違えてしまいました。そうです。私は寝ぼけていたのです。だいぶん前になりますが、仕事の関係でずっと連絡を取っている人の下にその人の名前があるので以前も間違えた事が1度あるのです。

昨日、謝りの連絡を入れてそれで終わりだと思ったのですが・・・。

「LINEの入れ間違えって何度も起こりますか?」

と言われて、最初は申し訳ありません。と謝っていたのですが、余りにもしつこくて我慢出来なかったので、

「分かりました。2度と連絡をしないようにブロックしておきます。」

と連絡入れました。仕事場でも、私は現在はほとんど関わりはありませんが、自分勝手な行動ばかりとその現場を仕切っている偉い方と親しい中にあるからと自慢してくる感じの方です。挨拶をしても挨拶すら返して来ない人です。流石に我慢が出来ませんでした。色んな方と関わりもあるからブログではそこまで言わないですが、自分勝手な行動ばかりしている状況に気付いて欲しいです。伝えても伝わらなかったし、噂も広まっている事は間違い無いです。

ちなみにですが、私の事をいつも慕ってくれる皆様には本当に感謝しています。お客様として寄り添ってくれながらもいつも見守っていてくださり、優しいお言葉をかけてくれる方は本当に心の底から感謝しています。私はその人達がいるから今の立ち位置があると凄く実感しています。今日は休みになりますが、明日の朝からの仕事でその方々をお会いします。毎日それが凄く楽しみです!1人でも慕ってくれる優しくて思いやりのある方々に出会える事を私は楽しみに・・・大切にしていきます。

長々と愚痴にお付き合い頂きありがとうございました。

それでは本題に入りましょう!

今日は相手に並行陣を取られた時の対処方法と言うよりは返球する順序というのを説明していきます。フォアサイド側で説明しますが、要領はバックサイド側もほとんど変わりはありません。しっかりと覚えておいて実践で使ってください。ではいきましょう。

相手が前に詰めて来ても焦らない事

まずは並行陣を取られた時に1番最初に思い描いてしまう事といえば、どこにコースを打てばいいか。返球をどのコースにすればいいかと悩んでしまう事です。これが並行陣を取られた時の大きな落とし穴となります。並行陣を取られた時は焦らない事が大切です。落ち着いて相手を確認してボールをよく見ればミスはしないハズです。前回のブログでもお伝えしましたが、アレーを狙う事は禁止です。じゃあ、どこを狙うのかというと1打目は後衛の相手の正面が1番良いです。

クロス方向に後衛がいる場合はこのような形です。

ストレート方向に後衛がいる時はこのような形です。必ずとは言いませんが、7割・8割は相手の正面にボールを持っていく事が大切でしょう。厳しいコースを考えたり、どこに相手が居てどう返球すればいいかとか1打目はあまり考えないようにしてください。

2打目に積極的プレーをしていこう

1打目に相手の正面にボールを打つ事によって、実は相手の動きを止める事にもなります。なので2打目が勝負になるのです。もし仮に2打目も正面に打つと逆に相手の方がボールに慣れてしまって、攻撃される事が増えます。どうしても相手からの返球が深かったり、ナイスボールだった場合は2打目も相手の正面で良いですが、ほとんどのボールは浅くなったり浮いて来て甘くなったりするはずです。そのチャンスを逃さずに、オープンスペースにボールを持っていきましょう。

クロス方向が後衛だと4パターンの返球コースがあります。この場合はアレーにも打ってもらって大丈夫です。積極的な気持ちや思考が大切になっています。相手のポジションを確認して、ここだと思うところに勝負を仕掛けてください。

ストレート方向が後衛だと3パターンになります。前衛が後ろに下がっているならば、ショートクロスも可能性として出て来ますので、4パターンになるでしょう。

まとめ

結論をいうと、焦るなという表現1つに尽きます。特に女性の方は、相手に当ててはダメ。でも良いコースに打たないとダメ。色々な心境にやられている場面でしょう。男性は何も考えずに打ち込んだり、打たれて嬉しい方も多いですから揉め事にはならないでしょう。ですが、どの場合でも共通する言葉は1つ!

焦るな

です!これさえ守っていれば並行陣の場面でも力は発揮できるでしょう。今日の戦術を頭に置いておいて、また自分で考えたプレーが出来るようにしてみてください。私としてはこのブログで知識を得て頂いて、参考にして頂き、実戦で自分が考えて正しい答えを導き出すという方向に行って頂きたいと思っております。あくまでも、沢山ある場面の中でも良く起こり得るのではないかという戦術を書いております。もし可能ならば1打目から勝負して頂いてもそれは時と場合なので大丈夫です!・・・・が、失敗が続くようなら1度立ち止まって、このブログを思い出してくれると嬉しいです。

また是非次の記事も見てくださいね。

絶対見てくれよな!

このブログが面白いと思ったら、下のブログランキングをクリックしてください。

私の記事を皆さんで盛り上げてくれると嬉しいです!それじゃあ、クリックお願いします😁

↓↓↓


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました