雁行陣のポーチのタイミング

戦術

おはようございます❗️最近朝早く目が覚めてしまう魔術師です😁今日は昨日説明した雁行陣のクロスラリー中のポーチのタイミングを説明していきます❗️ポーチに出るコツはズバリ、相手を良く知るという事です❗️相手の頭の中を見れるように🤩予測が出来るようにしていきましょう😊

それじゃあ、レッスンスタートです❗️

ペアの打ったボールの落下地点を見ろ❗️

ポーチのタイミングで必ず見なければいけない事の1つとして、ペアの打ったボールの落下地点を必ず見ておかなければいけません❗️図を見ながら説明していきましょう😊

水色の深さにボールが入った場合、そして②相手のポジショニングが下がっていない時にはこのような相手の返球が多いです❗️相手がボールとの距離を取れていないという部分から、振り遅れが多くなるであろうと推測しておきます❗️

そうすると、フォアハンド側に入った場合はストレート方向へ🤔バックハンド側に入った場合は逆クロス方向へ❗️そして、真ん中に落下地点が来た場合は相手が回り込んだ時の逆クロス方向へボールが飛ぶ可能性が高いです❗️😊そうすると・・・、強打が相手のバックハンドに入った瞬間は必ずポーチに出なければいけないという事が良く分かりますね😁この部分だけは絶対に逃さないようにしましょう❗️応用の作戦として、相手のフォアハンド側にボールが入った時でもポーチに出る姿を見せて相手のボールをアウトにさせるという作戦があるのですが、ややこしくなって来ると思うのでここでは話はカットしておきます😁聞きたい時はまた教えてください‼️

そして、ボールが浅く入ってしまった時は全く逆の事が起こります😰下の図を見てください❗️

水色の部分がボールの落下地点です❗️そうなると、相手とボールの間に距離が生まれます🤔そうすると、ラケットをしっかりと振れるスペースが出来て来るのです❗️振るスペースが出来るとクロス方向にボールを流して来るので、出来ればフォアハンド側に入った時やフォアハンドに回り込んだ姿が見えた時にポーチに出てみた方がいいのではないかと思います❗️😊ケースバイケースになりますが、良く相手の状況を見て欲しいです❗️

相手のポジショニングを見ろ❗️

先程も少し話はしたのですが、相手とボールの落下地点の間に距離が出来ると返球コースが大きく変わってきます❗️ボールが深く入ってるのに、何故かクロスに流されるとか、ロブをよくあげられるとかを体験している人は要注意です😭

相手のポジションをほんの少しだけ下げて図を書いてみました❗️空間が出来るだけで、はっきり言うと何処にでも打てるようにはなりますので、あえて直線の矢印は記入しませんでした😊ポジションを相手が下げたらストレートケアをしていた方がいいでしょう😉特にロブには注意です❗️ポジションを後ろに下げた時はロブをあげられる事が本当に多いです❗️特に女子ダブルスでは、これでもかというぐらいにロブをあげられて抜かれている人を多く見ます😰この仕組みさえ分かっていれば、ロブケアもきっちりと出来ると思いますのでしっかりと相手のポジションングを把握しておいてください❗️ラリー中でも、このシーンを見逃さないように😙

まとめ

以上で本日のレッスン終了です❗️一言でいうなら、事前の対策を頭の中で整理する事で予測をしっかりと出来るようにするという事です❗️😊ちなみにですが、100%当たる訳ではありません💦テニスというスポーツは100%という数字はありません💦70〜80%当たればいいというスポーツです❗️なので、3ポイントして2ポイント取得出来る取り組みを今している訳です😊この作戦が頭に入っていると成功例も70〜80%になるでしょう❗️良いプレーが出来る事を願っています😊

このブログが良かったという人はクリックお願いします❗️😁

🤩👇👇


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました