センターを意識し過ぎない

戦術

おはようございます。ダブルスをしているとセンターセオリーという言葉が何度も出てくるかと思います。以前にセンターセオリーという言葉はいつ使用するのかというのを書かせて頂きました。

周りからセンターセンターと言われるとセンターを狙わないとと思ってしまう。

実はこういう方が非常に多いのです。今日はセンターを狙わないで戦う方法を勉強していきましょう。

相手の正面を狙っていけ

試合中、前衛が気になったり後衛が前に詰めてくるかもと意識したりして自分から自滅していく事が多くなったりしていないでしょうか?

雁行陣だろうと並行陣だろうと意識するのはボールをよく見ることとボールを浮かさないようにする事の2つです。これをまずは頭に置いておいてください。

・ボールだけを見る。(相手を見ない。)

・ボールを浮かさないようにする。

サーブから試合がスタートしたら、まずは相手目掛けてしっかりと打ち返す事が大切です。相手に取られたくない、決められたくないとか考えてしまう方が多いですが、相手も同じ人間です。精神的に緊張してしまってるかもしれません。なので、しっかりと相手に向かって打つ事を覚えてください。

このような感じですね。赤の矢印は正解です。ですが、黒の矢印を狙ってしまうとサイドアウトをしてしまったりセンターに打つと前衛に捕まってしまうかロブを上げられるでしょう。正面でラリーするのが1番良い選択肢です。

相手が仕掛けて来たらコースを変更する

特に意識してほしいのは相手が前に入って来てアプローチをして来た時です。1本は先ほど説明したように相手の正面に返してボレーをさせてください。そのボレーを失敗してくれる可能性があります。ですが、そのファーストボレーをしっかりと返して来られた瞬間に、コースを変える心構えが必要となって来ます。そこで初めてロブを上げたり、ストレートを打ったり、センターに打ったりが生まれて来ます。すぐにコースを変更したいという気持ちはあると思いますが、1本目は我慢してください。2本目に勝負していきましょう。

焦らず我慢が大切。しっかりと強打でコースは狙い過ぎない。

まとめになりますが、コースを狙う必要はそこまでありません。ですが、相手の正面への強打の練習はしてください。しっかりと強打が打てるようになると、ボールが浮いて来たり、相手がミスをしてくれたりとチャンスが多くなって来ます。ですが、先にコースを狙ってミスを連発してしまう自分がいる事を忘れないように。焦らずに打つ場所を明確にしておいて、我慢強く強気にプレーしていってください。

以上で今日のレッスンは終了となります。最近少し話題がなくなって来ました。

これが知りたいという方は是非ご連絡ください。このブログが良かったという人は下のブログランキングボタンをお願い致します。


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました