前衛の動き(バックサイド編)

戦術

皆さんこんばんは。この時間になると特にウトウトしてしまうコートの魔術師です。ちょっと誤字・脱字があるかもしれませんが、もしあったら言ってください。 すぐに訂正します。

さて、今日のレッスンはサーブや攻めているチームの前衛の動きを説明していきましょう。

どうやって動いたらいいのかな??

どこにポジションを置いたらいいの?

色々と悩みはお有りですね。困っているそこのあなた!前衛の動きはそこまで難しくないですよ。難しくしているのはあなたの思考です。動きは簡単にしてしまって、守れる場所を良く考えてポジショニングについてみましょう。

それじゃあ、レッツスタート!

ストレートケアを最優先しよう!

前衛の動きというのはそんなに難しい事ではありません。昔みたいにセンター寄って、下がって、前に移動してとかそういうのは一切ありません。ですが、相手の状態を見極めれる力が必要です。まずは前衛の立ち位置と移動の仕方を説明していきましょう。

これが陣形です。前衛は最初はセンターにポジションを置き、ペアの打ったボールが1バウンドしたぐらいにストレートケアに入ってください。良いクロスラリーをペアがしてくれると、ストレートへの返球はほぼ無いと考えていいでしょう。クロスからストレートへの返球は非常に難しいです。サイドアウトになる可能性が高いので、相手もクロスに必死に返してくるでしょう。ストレートケアをする意味は、もちろん抜かれないようにという意味はあるのですが、動く事によって相手の目のポイントをずらす為でもあります。相手が気になるように動いて、ボールを見るという集中力を欠けさせれるようにしてみてください。

ストレートケア後は何もなければ、センターに戻ります。1つ前の画像の動きと合わせて、ラリー中はこの往復を行ってください。これで前衛の動きは終わりになります。あくまでも基本がストレートケアなだけで、ストレートケアに行かずにセンター付近で立っているとそれだけでポーチに簡単にいけます。わざわざ相手に無理なフェイントを見せる事もなく、いとも簡単にセンターのボールやポーチをする事が出来るでしょう。

まとめ

いかがでしょうか?簡単に言うと、前衛はペアが打った後は外をケアしてください。相手が打った後はセンターに戻ってください。この繰り返しです。

繰り返しの動作の中で、ゲーム・ポイントでの雰囲気や相手の状態、相手の雰囲気を読み取ってポーチに出るのか、ストレートケアをするのかを選択してください。慣れてくると、サイドに寄らなくても良いポイントが多くなってきます。相手に自分を意識させれてる証拠です。それぐらい立ち位置とは重要な役割を果たすのです。

この横の動きをマスターして、他の人に差をつけれるように頑張りましょう。

次回は前衛の動き(バックサイド)リターン側です。しっかりと覚えてくださいね。

今日のレッスンが良かったと感じたら、下のブログランキングのボタンのクリック宜しくお願い致します。


人気ブログランキング

ライン登録も宜しくお願いします。

友だち追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました