ダブルス センターセオリー

戦術

おはようございます。お仕事がバタバタしてまして、久しぶりの更新となりました。

テニス頑張ってますか?戦術は活かせていますでしょうか?

今日もダブルスで必要な戦術を説明していきましょう!今日はダブルスのセンターセオリーを説明していきましょう。センターセオリーってそもそも何なのかってところですね。

それじゃあ、レッスンスタートです。

ダブルスのセンターセオリーって何なの?

誰もがまず最初に抱く疑問でしょう。凄く勘違いされている方もおられますので、この部分をしっかりと説明していきましょう。

まず、ダブルスのセンターセオリーは相手が並行陣を取っている時で、尚且つ自分がストロークを今から打つ場面で初めて出てくる言葉です。相手が雁行陣だとセンターセオリーというのがないというのも説明したいと思います。

まず、センターセオリーの正解を見ましょう。上の画像がセンターセオリーという言葉を使う場面です。アプローチやサービス&ボレーで後ろのプレイヤーが前に来て、前衛が少し下がって中央に空間が出来た時にセンターセオリーという言葉を使います。一昔前はこういう陣形が凄く多かったです。ディフェンスとオフェンスの両方を考えた陣形という事でコートを縦に割って1面のコートを守る縦割り型の陣形がとられてました。

この場合にセンターを打ちなさい。センターセオリーだよ。

という言葉は正解なんです。

しかし・・・

近年のダブルスはスピードが上がり、縦と横の移動の向き不向きがある事が理解され、この陣形はほとんど使用されなくなりました。ボールのスピードが上がって来ると、センターに打たれると簡単に弾かれたり抜かれたりするからです。今のダブルスの陣形はこのような感じです。

並行陣でも前衛がしっかり詰めているのです。そうするとセンターセオリーは相手のボレーに捕まってしまう為、打ってはいけない部分となってしまいます。そういう時は悩まずに、後衛がアプローチして来る正面にボールを打ってください。足元ならより良いでしょう。

雁行陣でも同じ事です。

雁行陣でもセンターセオリーを使用してしまうと、前衛のボレーに捕まってしまいます。相手の前衛がストレートケアで端っこに寄っているならば可能かもしれませんが、そんな事は滅多にないかと思います。そう考えると後衛の正面に返球するか、ロブなどを使用して勝負した方がいいでしょう。

センターセオリーという言葉を無闇に使用している人が沢山おられますが、実は大きな間違いであるという事を理解してください。センターセオリーは相手が並行陣を取っている時というのが1番大切です。その時にアドバイスをしてあげれる方なら、「そこはセンターセオリーだよ。」と言ってあげると納得するはずです。

前衛の立ち位置に注意しながらプレーする事は凄く大切です。後ろに下がらない勇気と後衛の援護攻撃は力強くお願いします。ペアを助ける事が出来る取り組みをしていきたいですね。

以上でレッスン終了です。お疲れ様でした。

台風凄いですね。皆さん、くれぐれもお気をつけください。

このブログが良いと思ったらランキングクリックお願いします。皆さんに知って欲しいです。


人気ブログランキング

それからこれは告知になりますが、

・Amebaブログ

・note

・LINE@

を始めようと思います。特典はまだ出来ないですが、忙しい時もありますのでブログを更新した際に更新しましたと伝えれる状況を作ろうかと思いますので、出来上がったら皆さんにお伝えしますので登録してください。

 

それじゃあ、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました