ポーチのタイミング

戦術

皆さんおはようございます。今日も忙しいマジシャンですw

さて、バックサイドの前衛の動きの説明をしようと思っていましたが、今日は時間もあまりないのでポーチのタイミングというか出る状況をおさらいしたいと思います。忘れている方もおられると思いますので、図を見て状況を確認してください。

それじゃあ、レッスンスタートです。

これがポーチのタイミングの図です。赤い丸の選手が今日の主役になります。

まず、ペアが黄色の部分にしっかりとボールを打つという事が条件なので頭に入れておいてください。これともう1つ条件が必要になります。それは、前に詰めてセンター寄りに赤い丸の選手が立っている事です。

この2つの条件が揃った時、相手の後衛のフォアハンド・バックハンドに入ったボールは前衛を避けようと無理に打つ事によってサイドアウトになる事は間違いないでしょう。

問題は相手の正面に行ってしまったボールです。このボールに関しては、なんとかこちらに返そうという発想になる事が多いです。その場合、確実に後衛のペアの方へボールを返球しようとします。ここで赤い丸の選手の出番です。

相手が今から打つというほんの少し前にスタートを切ってポーチに言ってください。詳細を説明するならば、1バウンドして相手が打つ頂点に跳ね上がるまでの間、半分のバウンドの時にスタートです。表現が難しいのですが、少し前とはこのタイミングの事です。

あとはラケットを寝かさずに立ててさえいれば、しっかりとボールを抑えて捉える事が出来ます。このタイミングと状況を逃さないようにしてください。

今日は1ポイントアドバイスというような感じになりましたが、このシチュエーションはフォアサイドでもバックサイドでも必ず多く起こる状況です。後衛に立っている選手は、ロブで逃げたい気持ちも強いとは思いますが、ペアの事を考えてあげるならばロブを上げるのではなく、強い強打を打てるようにしてくれると嬉しいです。

相手をハメるという表現が1番しっくりくると思いますが、戦略を使う事によって身長やパワーなどのアドバンテージを無効にする事が出来ます。

1つ1つしっかりと戦略を練って、確実にポイントを取得出来る状況を探していきましょう。

次回も宜しくお願い致します。(>人<;)


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました