リターン側の前衛のポジション

戦術

おはようございます❗️コートの魔術師です。昨日は高校生の調子を上げるので凄く大変でした💦試合前になるとみんな精神的に不安定になりますね💦気持ちは分かりますが、こういう時こそ強い気持ちを持って頑張って欲しいです❗️

さて、木曜日にレッスンしていた時にこんな疑問が上がってきました。

リターン側の前衛は一体どうやって動いたらいいの❓なんで前に詰めてはいけないの❓

いや〜、難しい質問ですね💦恐らく癖になってしまっている事が本当に多いです💦なので1つ1つ説明していくので、しっかりとついてきてくださいね❗️

それじゃあ、レッスンスタート❗️😁

赤い丸の人の動きの事を今から説明していきます❗️サーブ側の前衛はしっかりと詰めていますね。リターン側の立ち位置は・・・縦はサービスラインから1歩後ろです。そして、横はセンターラインを延長した部分をラケットで触れる位置に立ってください。これが立ち位置になります。

少し図を大きくして説明します。まず1番重要な事を説明しますが、味方ペアがリターンをした場合に何故か前に詰める人がいます❗️これは本当に意味が分かりません💦レッスンの時にも話はしたのですが、前に詰めたらストレートアタックの反応が間に合わなくなるし、詰めたからといって相手の返球コースを狭くしているわけではありません💦むしろロブも抜けやすくなり、増やしていると言った方がいいでしょうw

×印で記載してますが、前には詰めないようにしてください❗️

そして自分(リターン側の前衛)の動きですが、動き方は左右に動くです❗️味方ペアがリターンをして、相手前衛がポーチに出なかったら左に動く。そして相手後衛から返球がクロスに行った場合は、相手のポーチを警戒してセンターへ移動❗️この繰り返しになります😊全部色々と出来るわけではないので、チャンスが来るまでディフェンス重視でじっくりとカウンターチャンスを待ってください❗️

ちなみにですが、相手後衛の選手がセンターに打ってきたボールを自分自身(リターン前衛)がスルーしてしまっても歩いて取れる距離にボールが飛んできます❗️慌てずに返球してください😊

これは補足ですが、もしストレートに飛んできたら迷わずにセンターを狙ってください😊センターを狙ったら抜けるかチャンスボールがきっと返ってくると思います‼️

相手がクロスラリーしかしない場合・・・

ポーチに出たい‼️

と、誰しもが思うと思います☺️そういう時はこのような動きをしてください❗️

これも前に詰めながら行くのではなく、横に動いて足を出してボレーした方がいいでしょう❗️本来は斜め前がお勧めなのですが、ボールのスピードが速い場合と自分の足が速い場合になります。ボールのスピードが遅い場合は横移動で確率が大幅にUPするはずです❗️

打つコースはずばり相手の前衛のバックハンドです❗️😊この至近距離なら絶対に反応が追い付きません。触れるとは思いますが、サイドアウトは必ず起こってしまう状況でしょう🤔出来る限りスピードを上げて強打する事をお勧めします。女性の方は当てちゃうと怒れるので、上手く外してくださいね❗️

はい❗️以上で本日のレッスンを終了します。どうだったでしょうか❓イメージが全然違うとは思いますが、これをしないと本当にもったいないポイントばかりだと思います‼️😊少しでも良いポイントの取り方が出来るように研究してください❗️

まずはこの動きをしっかりとマスターしてくださいね❗️😊

この記事が良かったと思う方はランキングのクリック評価お願いします❤️❤️


テニスランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました