ボールの落下地点とポジション②

戦術

皆さんこんばんは❗️なんと3日間で36時間も働いております、コートの魔術師です😁

・・・残業手当てついてますか〜❓😊ついてないって❓❓それは笑えますね❗️😁

はい😉と、いう愚痴をかましておりますw

今日もポジショニングの話をしていきましょう。

今日は〜〜〜、簡単なので皆さんもしっかりと分かるはず❗️良く見て学んでください😁

今日のレッスンはロブを上げた時の上げた人のポジションってどうなるの❓

です❗️図を見てみましょう❗️

こういう状況の場合の動きってどうなのって感じですね❗️特に女子ダブルスには多くあるかもしれませんね😁まずは1バウンドした時の対処方法です。

黒の丸が落下地点です❗️1バウンドさせて相手がストロークで返球してくると、範囲は赤色の矢印になります。そうすると、味方の前衛は外のボールをケアしなければいけません。ここで注意して欲しいのが、良く横に移動する人がいるのですが、大きな間違いです❗️サイドの逃げるボールを取る場合は、前に1歩詰めて角度がつく前に抑えてください。

そして後衛はサービスラインまで詰めてしまうのではなく、サービスラインとベースラインの真ん中ぐらいでストップして、ロブケアも出来るようにしておきましょう❗️特に女子のダブルスでは、このケアを怠ってサービスラインまで詰める事によって、ロブ返しをされてエースになってしまうというシーンを良く見ています。注意が必要です❗️

では、外に落下地点を設定した場合はどうなるでしょうか❓

先程と同じような形ですが、守り方が違います❗️まずクロスロブはほとんど入らないと思いますので、前衛の人はセンター死守のみでいきましょう😁センター寄りに立ち位置を置いてセンターを塞いでください。すると相手はストレートにしか打って来ないので、後衛さんはサービスラインとベースラインの間に立って、外を中心にケアに入ってください❗️こうする事によって相手のコースを完全に防ぐ事になります。

以上でレッスン終了です😊お疲れ様でした❗️ノーバウンドのケアは次回したいと思います‼️色んな場面でポジション取りは凄く難しいです。だからこそ勉強をして先に攻撃を予測出来るようにならないといけません。

是非、予測出来るようになってください❗️今日1番注意して欲しいキーワードはこれです❗️

ロブが抜けたからといって、サービスラインまで詰めるな‼️‼️

この言葉を覚えて置いてください。

今日からブログランキングを再度始めました😁

広告も含めて、クリックを宜しくお願い致します❗️


テニスランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました