戦術

アプローチorチャンスボール後の動き フォアサイド編

戦術

おはようございます❗️皆さん、ごめんなさい💦お仕事続きで更新が遅れに遅れてしまいました💦

今日からやっと少しずつ更新出来そうなので、引き続き見てください😁

昨日予告はしていたのですが、今日は戦術のお勉強をしていきたいと思います❗️

テーマはチャンスボールをクロスに打ち込んだり、ボレーでクロスに持って行った後の動きとコースですね❗️

最近、レッスンでも良く練習してるので是非参考にしてください❗️☺️

それじゃあ、レッスンスタート❗️

まずはシチュエーションの画像を見てください😁

はい❗️こういう風にそこそこのスピードでボールが1バウンド後、浮かずに滑った場合の話をしていきます❗️いくら良いクロスが入っても1バウンド後にボールが跳ね上がってしまうとロブを打たれたり、打ち返されるコース範囲が広くなってしまって返球コースを絞れないから注意してください。ストロークで滑るボールが打てないならば、ボレーかスライスでボールをプッシュして打ってみてください😁

これが相手からの返球コースになります❗️滑るボールを打つと赤色の矢印にはまず返球はありません😁この赤い矢印に返球があるとするならば、ボールが浮いてしまって返球されやすくなっているか、偶然にもガシャって入ったりかです。

返球コースは黒色の矢印の範囲になります。ストレートのパッシングとセンターへの返球のどちらかですね❗️

この場合、前衛がストレートをケアしにいきます❗️ストレートコースは防いでしまわないといけません❗️😁ポーチに行く時もありますが、それはこのストレートケアの動きを相手に認識させてからになります。順序を間違えないようにしていきましょう❗️相手に刷り込ませる事は凄く大切です。

ストレートケアをするとセンターの返球のみになってきます❗️滑るボールをしっかりと打つと、相手の懐に食い込んで来ますので、クロスに頑張って引っ張ってもセンターにしかいかないのです❗️なので、センターへの返球が100%になります。ここに先に移動して、次の攻撃に備えておいてください☺️

最後はセンターボールの対処ですね❗️ここのボールを逆クロスに角度つける人が多いのですが、それは間違いです❗️スペースが空いているだけに、相手が予測して走っている場合があります。バレてしまっていると相手からカウンターを狙われますので、ここに打つ時はよっぽどのチャンスボールにしてた方がいいでしょう😉狙いはまだボールを触っていない、もう1人に視点を向けていった方がいいですね。

ハイボレーだと、角度をつけて打っていった方がいいです❗️センターは取りやすいので、コートの外に逃げていくショットの方がミスをしやすいです。触られてもいいので、シングルスのサイドラインを目安に狙っていってください。

ローボレーは相手からの返球の勢いが強かった場合、角度をつけてしまうとミスが凄く多くなりますので、ベースはセンターを狙った方がいいでしょう❗️できれば、相手の前衛が動いていなければ深くへ・・・。動いたならば前衛の足元へ狙ってください。少し高度な技ですが、アウトのリスクは少ないので、チャレンジしていった方がいいでしょう☺️

以上がレッスン内容です❗️お疲れ様でした😁

確実にこのシチュエーションが起こればもっと詳しく説明も出来るのですが、100%このシチュエーションになるわけではありません💦少しでもコースがずれたりとか、相手の力量やテクニックのレベルが高いとコース配球も変わってきます‼️ですが、この形になった時は相手の力量・テクニック関係なしにこの展開になりますので、1本目のアプローチやボレーが良いところに入ったと思ったら、次の攻撃を仕掛けてください😃2人で相手をはめる技術を磨くべきです。

次回はバックハンドアプローチからを考えていきましょう❗️お疲れ様でした。

またコートマジックを覚えていってください❗️😁

コメント

タイトルとURLをコピーしました