2度引きはしてはいけない

フォーム

おはようございます❗️この前レッスンをしていた時にこんな疑問が上がって来ました😊

「2度引きはなんでしてはいけないのですか❓打ちやすいのですが・・・😰」

そう思われている方は多いかと思います❗️確かに2度引きすると当たる感触は凄く良いのです☺️では何故ダメなのか・・・今から説明していきましょう😊

レッスンスタートです❗️

2度引きをしてはいけない理由その①

(手打ちになってしまって、体を使って打てていない❗️)

2度引きしている生徒さんのほとんどが体を使って打てていないんです。ラケットの重みを使っている為、手に力が入って打ってしまっている為にコントロールも定まらない状態だし、ボールも軽いです。ボールを重くしたりコントロールを良くする為にも2度引きは辞めましょう❗️

2度引きをしてはいけない理由その②

(深く入ってきたボールをライジングで打ち返す事が出来ない❗️)

相手が急に深いボールを打って来た時に、2度引きをしている生徒さんは対応出来ません。出来たとしてもロブを上げるか、振り遅れてストレート方向へ・・・になってしまいます❗️ダブルスをする上では相手に読まれてしまうので、大変不利です😰2度引きせずにテイクバックを動き出す前に完了してしまって、相手の返球を待てるようになりましょう😊

この2つの大きな理由が2度引きしてはいけない理由です😊しかし、2度引きしても良い場面が1つだけあります❗️それは相手が浮かしてしまったスーパーチャンスボールを打つ時です❗️😁サービスライン付近に落ちるチャンスボールの事です。

本当に良く失敗してしまう場面のボールなのですが、原因としては早くテイクバックしてしまって力が入った状態が出来てしまう事が多いとされています‼️😰

本当は2度引きせずに打てる事が1番良いのですが、ミスしてしまうという方はバウンドがそこまで跳ねずにボールが遅いならば、バウンドに合わせて打つのも1つの作戦と言えるでしょう😊

以上でレッスン終了です❗️お疲れ様でした😊

2度引きは本当にメリットが少ないです💦コントロールも定まらないし、ボールも重くはならないので、やっぱりどこの場面でも1回でテイクバックを完了して全てのボールに対応出来るようにしていた方が良いと思います❗️

難しいとは思いますが、癖を治して次のステップへ進めるように頑張りましょう‼️😄

コメント

タイトルとURLをコピーしました