アプローチの落下場所によるポジショニング(ダブルス バックサイド)

戦術

こんばんは❗️コートの魔術師です😁

前回フォアサイドの説明をしたんですが、今日はバックサイドの説明をしていきたいと思います😊少し感じが違うと思うので、バックサイドはバックサイドとして考えてくれればと思います❗️

それではレッスンスタートです😊

前回も説明したので少し省略していきたいと思いますが、赤丸の部分に落ちたボールをアプローチしたらどうなるのかというのを話していきますね❗️

これがアプローチコースになります❗️真ん中の赤矢印に関しては前回も説明したように黒丸の人がセンターに寄ってると普通は打てないコースです😊バックサイド側だけは特殊で相手のボディよりも外に逃げるショットが多いような気がします❗️私もバックサイドは相手のバックハンドに目掛けて打っているような感じです😊

一応ボディに打った場合の返球コースから見ていきましょう❗️

これがボディに打った時の相手の返球コースです❗️もちろん相手のスピードが速くなればなるほど矢印は内側に狭くなって来ます❗️😊

・・・がバックサイドの場合は振り急ぎの選手が多い為、ショートクロスに運良く入る選手が多いと思います❗️なのでボディに打って勝負というのはバックサイドではあまりお勧めはしていません。

お勧めしているのは外に振るアプローチです❗️相手の返球コースを見ていきましょう😁

こうなりますね❗️特にスピードが上がれば上がる程、ストレートへの返球は凄く難しいです😰普通のショットでもストレートへ返球するのは至難の技なので、私的にはアプローチを打った人の正面に返球される事が多いのではないかと考えています❗️実際に私がアプローチをしても正面に返球される事が多いです😁

試合で使うとなったらバックサイドはやっぱりワイドへのアプローチですね❗️そこから正面に来るボレーの処理というのが典型的なパターンといえるでしょう❗️

少し注意が必要なのは、ロブがこの場合多いかもしれません💦バックサイド側はスライスロブが何故か上げやすいのです。なので、アプローチを打った選手はロブケアと正面のボールの両方の対処を考えておいてください‼️😁

以上でレッスン終了です😊

今回は早い説明だったかもしれませんが、しっかりついて来てくださいね❗️少しでも戦術を覚えれるように頑張ってください😊

次回も宜しくお願い致します❗️それじゃあ、また😁

コメント

タイトルとURLをコピーしました